【開催中】時代熱気伝える820点「ファッション イン ジャパン」展(国立新美術館)

戦後日本のファッションを考察する「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」展が6月9日、国立新美術館(東京・六本木)で開幕した。
戦前のモダンガールから、戦後の有名デザイナーらの作品、学生服や日常的な服まで、日本の流行と生活を切り取る衣装や雑誌、映像など計約820点を展示する。

展覧会名:ファッション イン ジャパン 1945‐2020 ―流行と社会

会期:2021年6月9日(水)~9月6日(月)

会場:国立新美術館(東京・六本木、東京メトロ千代田線乃木坂駅直結、東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分、都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分)

休館日:毎週火曜日

開場時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで。開館時間は変更の場合あり)※事前予約制

観覧料:一般1700円、大学生1200円、高校生800円

チケットはスマホアプリ「美術展ナビ」で購入する。


美術展ナビではさまざまな人の展覧会リポートや感想・コメントを掲載

内覧会を訪れたコシノジュンコさんとドン小西さんのコメント(動画)。


内覧会を訪れた津森千里さんのコメント(動画)。

コシノジュンコさんのコメントのロングバージョン(動画)。


ドン小西さんのコメントのロングバージョン(動画)。


寄稿や会場の感想

豊田エリーさん 「服には魂が宿る。人の息遣い、歴史を感じて感動しました」 ファッション イン ジャパン展を鑑賞

「ファッション イン ジャパン」展を語る それぞれの人生と交錯する展示品の妙 読売新聞編集委員・宮智泉

失った時間を乗り越え続けた日本のファッション「ファッション イン ジャパン」展リポート(Kyahさん寄稿)

「ファッション イン ジャパン」展 大学生も「社会を変える力ある」と熱視線 明大・東野先生のグループが鑑賞

大学生も夢中にさせる「ファッション イン ジャパン」展 明大生はこう見た


出展品の詳細はプレビュー記事もご覧下さい

【プレビュー】日本の洋装の軌跡を克明に、多角的に 「ファッション イン ジャパン」展 国立新美術館で6月9日から

(読売新聞デジタルコンテンツ部 岡本公樹)

直前の記事

「マーク・マンダース」を特別展示 7月17日から 東京都現代美術館

東京都現代美術館(東京都江東区)は、7月17日(土)からマーク・マンダースによる特別展示「保管と展示」を公開する。6月22日まで同美術館で開催されていた個展「マーク・マンダース  ーマーク・マンダースの不在」はコロナ禍で

続きを読む
新着情報一覧へ戻る