【プレビュー】 江戸のハレを飾る 特別展「大江戸の華-武家の儀礼と商家の祭-」江戸東京博物館(東京・両国)で7月10日開幕

(左)「銀小札変り袖白糸威丸胴具足」 紀伊徳川家分家に伝わった銀色の具足  江戸時代      (右)「獅子頭」(上が雌、下が雄)  安政5年(1858)3月 江戸の大店の屋敷神、富永稲荷の祭のための獅子頭    共に江戸東京博物館蔵  

江戸時代も中期に入る18世紀初頭、江戸は推定100万の人口を擁する大都市だった。江戸の武家や商家の儀礼、祭などの年中行事を取り上げ、江戸に暮らした人々のハレの場面や舞台を描く展覧会。

特別展「大江戸の華-武家の儀礼と商家の祭-」

江戸東京博物館(東京・両国)

会  期  7月10日(土)~9月20日(月・祝)

会期中展示替えあり

開館時間  午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)

入場者が多い場合は入場制限も

休館日   月曜日、8月10日(7月26日、8月2、9、16、30日、9月20日は開館)

入館料   一般1400円ほか

JR総武線・両国駅西口より徒歩3分。地下鉄大江戸線・両国駅A3、4出口徒歩1分

詳しくは同博物館ホームページ

1章 式正-武器と儀礼-

「白紺糸威丸胴具足」 江戸時代後期 江戸東京博物館蔵 徳川家の威勢を伝える具足
「白羅紗葵紋付陣羽織」 江戸時代末期~明治時代初期  江戸東京博物館蔵  武威を装う徳川慶喜の陣羽織 (展示期間:7月10日~8月9日)

戦乱の世も終わり泰平の世となると、武芸よりも主君への忠義や父祖への孝、家の序列やその秩序を守るための儀礼が重んじられるようになる。武士の身分を象徴する具足や刀剣も実用性より審美性が重視されることに。泰平の世の武家の姿に迫る。

2章 年中行事-お稲荷さまと雛祭り-

「四神旗」 弘化5年(1848)2月 江戸東京博物館蔵  初午の祭りを飾る旗

江戸の発展は、いくつもの店舗を構える大店と呼ばれる巨大な商人を生み出す。豪壮な暮らしの中で用いられた調度は、大名家のものと比べても見劣りしない。そうした大店の一つ鹿嶋屋東店(かじまやひがしだな)に伝わる祭祀道具を中心に、江戸時代の祭を臨場感たっぷりに再現する。

「牡丹唐草蒔絵雛道具」 文政10年(1827) 江戸東京博物館蔵  江戸の大店鹿嶋屋東店伝来の雛道具

3章 憧憬-彩りの道具と装い-

「梨子地葵紋散松菱梅花唐草文様蒔絵女乗物」 元禄11年(1698)江戸東京博物館蔵 将軍の娘が乗った梨子地の女乗物 (展示期間:7月10日~8月9日)

武家社会の女性の役割は家を守り次の世代へと繋ぐこと。婚礼を通して家と家との橋渡し役となり、世継ぎを立派に育て上げることで家の繁栄を支えた。武家の女性たちの大きな役目だった「婚礼」と「子育て」に注目して、江戸の繁栄を蔭で支えた彼女たちの姿を紐解く。

「紫縮緬地御所解模様小袖」 江戸時代後期 江戸東京博物館蔵 教養が問われる文学的文様の小袖 (展示期間:8月11日~9月5日)

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

【開幕】曜変天目など国宝ずらり「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」(三菱一号館美術館)

完品としては世界に3点のみが伝存する「曜変天目」、俵屋宗達の「源氏物語関屋澪標図屛風」、中国最古の詩集の唐時代の書写本「毛詩」などの国宝12点を含む約100点を展示する「三菱の至宝展」が6月30日から、三菱一号館美術館(

続きを読む
新着情報一覧へ戻る