【開幕】旧朝香宮邸の様式美と、斬新な展示で楽しむ 「ルネ・ラリック リミックス」展 東京都庭園美術館

19世紀末から20世紀半ばにかけて、ジュエリー作家、ガラス工芸家として比類ない作品を残したルネ・ラリック(1860-1945)。アール・デコ様式で知られる旧朝香宮邸の庭園美術館を舞台に、彼の豊かなインスピレーションの源泉をさぐる展覧会。また、時代の変化に対応して、希少なジュエリーからガラス作品へと転換したラリック。芸術と人々の暮らしとの関係に対する研ぎ澄まされた感覚を、斬新な展示で見せていく。新館の展示デザインを手掛けたのは気鋭の建築家の中山英之氏と、グラフィックデザイナーの岡崎由佳氏。

展覧会名:ルネ・ラリック リミックスー時代のインスピレーションをもとめて
会期:2021年6月26日(土)~9月5日(日)
会場:東京都庭園美術館(東京都目黒区白金台、JR・東急「目黒」駅より徒歩7分、都営三田線・東京メトロ南北線「白金台」駅より徒歩6分)
休館日:月曜日(ただし7月26日、8月2・9・30日は開館、8月10日(火)は休館)
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
入館料:一般1400円、大学生(専修・各種専門学校含む)1120円、中・高校生700円、65歳以上700円など

都心にほど近いながらも、緑豊かな環境で知られる東京都庭園美術館

斬新な展示にうっとり💕

内覧会(6月25日)のツイートから

(読売新聞美術展ナビ編集班 岡部匡志)

合わせて読みたい

もうひとつの邸宅 「表と裏」が引き出す魅力 「ルネ・ラリック リミックス」展(東京都庭園美術館) 建築家・中山英之さん、アートディレクター・岡崎由佳さんに聞く

直前の記事

【開催中】隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則(東京国立近代美術館)

日本を代表する建築家・隈研吾さんの世界を、隈さん独自の5原則で紹介する「隈研吾展 新しい公共性をつくるための🐱の5原則」が6月18日、東京国立近代美術館で始まった。 開幕前日の17日には記者内見会が行われ、隈研吾さんやゲ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る