「馬場のぼる展」に合わせてコンサートや絵本の読み聞かせ 練馬で関連イベント

「11ぴきのねこ」で知られる馬場のぼるさんの展覧会「没後20年 まるごと馬場のぼる展」がこの夏、東京・練馬区立美術館で開催されるのに合わせて、コンサートや絵本の読み聞かせなどのイベントが行われる。

テノールの高畠伸吾さん(右)とピアノの山本己太郎さん

「アフタヌーン・ミニコンサート in 練馬<特別公演>」は練馬文化センター・小ホールで8月10日(火)14時に開演。テノールの高畠伸吾さん、ピアノの山本己太郎さんの出演で、ショパンの「猫のワルツ」、「ねこふんじゃった(変奏曲)」など、ねこにまつわる楽しい作品を演奏する。全席指定・無料=2歳以下はひざ上鑑賞可能=。入場は事前申し込み・抽選で。申込フォームか往復はがきで申し込む。詳しくはこちら

「絵本とあそぶ会」は石神井松の風文化公園管理棟で8月21日(土)14時から。ねこをテーマに、絵本の読み聞かせやパネルシアターなど。対象は幼児~小学生と保護者。定員は30人で電話での事前申し込み制。詳しくはこちら

没後20年 まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだニャゴ」は練馬区立美術館で7月25日(日)から9月12日(日)まで。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

 

直前の記事

失った時間を乗り越え続けた日本のファッション「ファッション イン ジャパン」展リポート

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」。1972年生まれ、SNS黎明期からのインフルエンサーで読者モデルとしても活躍していたKyah(田中秀宗)さんが会場を

続きを読む
新着情報一覧へ戻る