失った時間を乗り越え続けた日本のファッション「ファッション イン ジャパン」展リポート

会場を訪れたKyahさん

国立新美術館(東京・六本木)で開催中の「ファッション イン ジャパン 1945-2020 流行と社会」。1972年生まれ、SNS黎明期からのインフルエンサーで読者モデルとしても活躍していたKyah(田中秀宗)さんが会場を訪れ、展覧会リポートを寄稿してもらった。


長く続くコロナ禍は、多くの人々のファッションに対する意識を変えた。BIGLOBEの調査によれば、「外見を美しく保つこと」に対する重要度が4割強も減少したという。自分自身も毎日履いていた革靴の出番が激減し、ドレッシーな装いよりもゆとりのあるスタイルへとシフトが進んでいる。

このまま、ファッションに対する関心は薄れていってしまうのか? 戦後の日本のファッション史をたどる「ファッション イン ジャパン」展を訪れ、アフターコロナのファッションについて、可能性を探ってみた。

コロナ禍ファッションへの逆風

外出自粛やリモートワークの浸透は、人々からコミュニケーションの機会を奪い、ファッションに対する関心までをも削ぎ落としてしまった。また、どんなにお洒落をしたとしても、マスクの存在がネックとなってしまう。更には自粛という言葉が、楽しく生きることすら否定するかのような息苦しい空気をうみだし、ファッションに逆風の時代が続いている。

戦後のファッションの熱量の高さ

1945―50年代 戦後、洋裁ブームの到来

「ファッション イン ジャパン」展でまず驚いたのは、戦後の女性たちのファッションに対する熱量の高さだ。着飾ることを我慢していた女性たちは、物資がない中でも自らの手で洋服を作り着飾る喜びを取り戻していったのだという。

戦後のデザインなんて古臭いんじゃないかという先入観があったのだが、戦時中の国民服とのコントラストもあって、みずみずしく新鮮な印象。展示からはこの頃のムーブメントの熱波すら伝わってきてパワーを分けてもらえた。

《唐草模様銘仙もんぺ》1940年代 橋本晴男コレクション 撮影:山﨑信一
中原淳一/フレアスカート/1955年/🄫JUNICHI NAKAHARA/ HIMAWARIYA

バブル時代とコギャルの引力

1980年代 DCブランドの最盛期

本展示の中で、異彩を放っていたのが「バブル」と「コギャル」。どちらも底抜けに明るくて、自信に満ちている。

時代を追ってファッションの流れを見ていると、過去の似たようなものが時を越えて再構築されている印象を受けるのだが、「バブル」と「コギャル」は前後に似たものがなく突き抜けている。

SNSという自己主張の場が少なかった時代ゆえに、”オレを見てくれ”、”私に注目して”という欲求がピュアでストレート。ゆえに、今の我々の感覚からみるとどこかムズムズする恥ずかしさを覚えてしまう一方で、無視することができない引力を感じてしまうのだ。

『FRUiTS』8月号No.13 表紙/1998年/ストリート編集室発行/個人蔵

ネットの情報洪水でファッションの多様化が進み、SNSの浸透により自己表現の機会は格段に増えた。にもかかわらず、他人からの評価を常に気にするライフスタイルにより、ファッションも冒険をすることが減り、制御しながら自己主張を続けるという時代がしばらくは続いていくように感じる。

印象的だった戦前のモダンガール

≪池畔春興≫榎本千花俊/1932年

展覧会を一通り回り終えて、思い返して非常に印象に残った展示が冒頭にあった。

言葉だけは聞いたことのあった「モダンガール」だ。この絵を見ていると90年近く前のものではなく、“先週”の表参道を見ているような感覚に陥る。

最先端のファッションに身を包んだ女性が二人。一人は凝ったデザインの日傘をさし、一人は好奇心のおもむくままカメラを向ける。洋装が入ってきた頃の女子は、今のインスタグラマーたちと同じようなマインドだったのだろう。

こうして数十年のファッションの歴史を見ていると、やはり女性たちのパワー、着る側の女性たちの“集合力”が時代の突破力を持っているように感じる。

アフターコロナのファッションの爆発力

ファッションだけでなく、旅行や飲み会、会食にデート。様々な欲求が抑えつけられてきたこの1年半。人生を華やかに謳歌するはずだった若い女性たちもまた、多くの犠牲を払ってきた。

だが、戦後のファッションでのリバウンドにみられたように、コロナ後の女性たちのファッションは、時代の動きが大きく反映されるはずだ。そのスピードはSNSにより圧倒的な加速度をもち、我々が感じている閉塞感を一気に吹き飛ばしてくれるのではないだろうか。

Kyah(田中秀宗)

1972年1212日生まれ、東京都出身。黎明期からのインフルエンサー。2004年から続くブログ「漢(オトコ)の粋」の著者であり、食や旅、ファッションなど質の高いライススタイル情報発信が幅広い世代から支持を受けている。

ファッション誌のライターや、ブロガーとしてイギリス大使館やイタリア大使館の現地ファッション取材を行ってきたほか、アンティークウオッチコレクターとして専門誌で数多くとりあげられてきたファッショニスタ。

公式ブログ 
公式Twitter 
公式Instagram 


*会場の写真は、読売新聞デジタルコンテンツ部撮影。

「ファッション イン ジャパン」展の詳細は、展覧会の公式サイトへ。

あわせて読みたい

豊田エリーさん 「服には魂が宿る。人の息遣い、歴史を感じて感動しました」 ファッション イン ジャパン展を鑑賞

「ファッション イン ジャパン」展 大学生も「社会を変える力ある」と熱視線 明大・東野先生のグループが鑑賞

 
◇内覧会の様子を伝える美術展ナビのツイート

直前の記事

【プレビュー】 三井記念美術館コレクション名品展「自然が彩る かたちとこころ-絵画・茶道具・調度品・能装束など-」 三井記念美術館(東京・日本橋)で7月10日開幕

雪の煌めき、水の流れ、風の音、雲の動き、草花や樹木の表情……。「自然」が彩る「かたち」や「こころ」を美術作品がどう表現したか。館蔵の名品を通して「自然のすがた」を見ていく展覧会。同美術館はこの展覧会終了後、リニューアル工

続きを読む
新着情報一覧へ戻る