【開幕】フランス近代風景画の展開をたどる 「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」(東京・SOMPO美術館)

フランスの近代風景画をたどる展覧会「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」が、SOMPO美術館で開幕した。

緻密に考えられた画面構成のコロー

フランス、シャンパーニュ地方にあるランス美術館は、フランス国内ではルーヴル美術館に次いでコロー作品を多く所蔵するなど、19世紀の風景画が充実している。本展は、同館コレクションの選りすぐりの名品から、印象派でひとつの頂点に達するフランス近代風景画の展開をたどる。

美しい田園風景を描いたアルピニー

19世紀初頭に成立した「風景画」。戸外制作を積極的に行った画家たちの眼差しを通してとらえられた各地の自然は、生き生きと、実に様々に表現されていった。

印象派の先駆者、ブーダン

次第に色彩豊かに、時代背景や新たな素材の発明とともに飛躍的に発展をしていく。ミシャロン、ベルタン、コロー、クールベ、バルビゾン派、ブーダン、そしてルノワール、モネ、ピサロら19世紀の巨匠たちによる油彩、版画など約80点を通じ、風景画の歴史を展観できる展覧会。

モネやルノワール、ピサロらの作品が展示されている

本展は事前予約優先、9月12日まで。

【内覧会の美術展ナビのツイート】

直前の記事

新着情報一覧へ戻る