【プレビュー】日常の生活道具の中に潜む美――「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」 東京国立近代美術館で10月26日から

ポスタービジュアル(《羽広鉄瓶》山形県 1934年頃 日本民藝館)

柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年
会期:2021年10月26日(火)~2022年2月13日(日)
会場:東京国立近代美術館(東京都千代田区北の丸公園3-1)
開場時間:10:00~17:00(金・土曜日は10:00~20:00)※入館は閉館の30分前まで
観覧料:一般1800円、大学生1200円、高校生700円
休館日:月曜(ただし1月10日は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)と1月11日(火)
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
詳しくは※展覧会公式サイト(https://miangei100.jp)へ

民藝みんげい」とは「民衆的工芸」の略。柳宗悦、濱田庄司、河井寬次郎らが提唱した「新しい美」の概念だ。柳らは、日本各地に綿々と伝えられてきた生活雑器、江戸時代の遊行僧が作った仏像など、それまで美術として評価されてこなかったモノの中に「真の美」を見いだし、それらを蒐集(しゅうしゅう)・紹介していくという活動を行った。西洋の情報に触れた近代人が発見したローカルかつトラディショナルな生活の中の美。1925年末に「民藝」という言葉が生まれて約100年。その概念は今も生き続けているのだ。

木喰(もくじき)五行(ごぎょう)《地蔵菩薩像》 1801年 日本民藝館

民藝運動は自前の美術館を設立し、雑誌や書籍などの出版物でその理念を世間に広め、さらに制作者集団による新たな物品の生産・流通の仕組み作りを行った。「美術館」「出版」「流通」という三本柱。今回の展示では、とりわけそこに注目する。

雑誌『工藝』第1号-第3号 1931年(型染・装幀 芹沢銈介) 写真提供:日本民藝館
河井寬次郎デザイン 金田勝造制作《キセル》 1950-60年代 河井寬次郎記念館

さらに民藝運動は「三本柱」に加え、農村地方の生活改善、衣食住の提案、景観保存など、社会への問題提起にまで踏み込んだ。地方とのネットワーク作りを進め、人・モノ・情報の関係を築きあげてきた運動を「近代美術館」という場から見つめ直す。

ホームスパンを着用する柳宗悦 日本民藝館にて 1948年 日本民藝館

民藝の運動は現在も続く。特設ショップでは、展覧会のオリジナルグッズのほか、民藝にまつわる幅広い商品を取りそろえる。その土地らしい息の長いデザインと、47都道府県の個性。「これからの民藝」を味わうこともできそうだ。

(読売新聞美術展ナビ編集班)

あわせて読みたい

【開幕レビュー】「棟方志功と東北の民藝」日本民藝館で11月23日まで 東北が育んだ豊かな創造性

 

新着情報をもっと見る