【プレビュー】モダンデザインのパイオニア 「時代をひらくデザイン 杉浦非水」展 島根県立石見美術館で7月3日から

《三越呉服店 春の新柄陳列会》1914(大正3)年 愛媛県美術館蔵

展覧会名:時代をひらくデザイン 杉浦非水

会期:2021年7月3日(土)~8月30日(日)

会場:島根県立石見美術館(島根県益田市、JR益田駅からバスで5分、「グラントワ前」下車。同駅から徒歩約15分)

開館時間:9:30~18:00(展示室への入場は17:30まで)

休館日:毎週火曜日

観覧料:一般1000円、大学生600円、小中高生300円など

巡回展:東京・たばこと塩の博物館(9月11日~11月14日)、三重・三重県立美術館(11月23日~22年1月30日)、福岡・福岡県立美術館(22年4月15日~6月12日)

全国巡回の詳しい情報は巡回展公式サイトをご覧ください。

 

日本の商業デザインの近代化に大きく貢献した杉浦非水(すぎうら・ひすい、1876~1965)の初期から晩年の作品を紹介。今もなお新鮮なその魅力を伝える展覧会だ。

三越図案部時代の非水 大正3年

非水は愛媛県松山市生まれ。東京美術学校入学後は川端玉章に日本画を学ぶ。在学中にフランス帰りの黒田清輝がもたらしたアール・ヌーヴォー様式の図案に魅せられ、図案家の道に進んだ。

《三越呉服店 新館落成》1914(大正3)年 愛媛県美術館蔵
《新宿三越落成 十月十日開店》1930(昭和5)年 愛媛県美術館蔵
『みつこしタイムス』第8巻第5号 1910(明治43)年 愛媛県美術館蔵

1908(明治41)年に三越呉服店(のち三越百貨店)の図案部主任となった非水は、1934(昭和9)年まで同店のポスターやPR 誌のデザインを数多く手がけた。一方、三越以外の様々なポスターや雑誌の表紙、本の装丁も手がけ、明治時代末期から昭和時代中期の日本のデザインをリードした。華やかでモダンな非水のデザインは、現在も私たちを魅了し続けている。

《東洋唯一の地下鉄道 上野浅草間開通》1927(昭和2)年 愛媛県美術館蔵
《爽快美味滋強飲料 カルピス》1926(大正15)年 愛媛県美術館蔵
《ヤマサ醤油》1920年代 愛媛県美術館蔵
『ツーリスト』第十八号 1916(大正5)年 愛媛県美術館蔵
『アフィッシュ』第一年第一号 1927(昭和2)年 愛媛県美術館蔵
『現代日本文学全集 第十一編 正岡子規集』(並装版) 1928(昭和3)年 個人蔵

本展では初期から晩年に至る図案の仕事とあわせ、交友の画家の作品や、若き日に島根県で教員として過ごした時期の作品なども展示し、杉浦非水の全貌を紹介する。

『非水百花譜』「椿」 1920~22年 島根県立石見美術館蔵
《画帖(島根時代)》 1904年 島根県立石見美術館蔵

現代からみてもシンプルかつモダンで、センスが光る。引きつける力のある作品の数々だ。各地を巡回するので、間近で見てほしい。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【開幕】丸木位里、丸木俊 鎮魂の集大成を全て展示  「命どぅ宝 沖縄戦の図 全14部展」 佐喜眞美術館

展覧会名:丸木位里生誕120周年記念 丸木位里・丸木俊 命どぅ宝 沖縄戦の図 全14部展 会期:2021年6月17日(木)~2022年1月17日(月)まで(火曜休館) 会場:佐喜眞美術館(沖縄県宜野湾市上原) 開館時間:

続きを読む
新着情報一覧へ戻る