【開幕】丸木位里、丸木俊 鎮魂の集大成を全て展示  「命どぅ宝 沖縄戦の図 全14部展」 佐喜眞美術館

《沖縄戦-きゃん岬》(1986年) 佐喜眞美術館蔵

展覧会名:丸木位里生誕120周年記念 丸木位里・丸木俊 命どぅ宝 沖縄戦の図 全14部展

会期:2021年6月17日(木)~2022年1月17日(月)まで(火曜休館)

会場:佐喜眞美術館(沖縄県宜野湾市上原)

開館時間:9:30~17:00

入館料:大人800円、大学生・シルバー(70歳以上)700円、中高600円、小人300円など

丸木位里の生誕120年となる節目の年を記念し、《沖縄戦の図》の全14部を展示する。戦後75年を迎えた昨年に続き、同美術館が収蔵する全14部を展示するのは開館以来2回目となる。

広島に原爆が投下され、人類が初めて体験した核兵器の凄絶さを三十年以上にわたり、《原爆の図》全15部に描き続けた丸木位里(1901-1995)、丸木俊(1912-2000)。位里81歳、俊70歳の晩年になって取り組んだのが、凄惨な地上戦が展開された沖縄戦だ。6年の歳月をかけて制作された《沖縄戦の図》14部は、山脈のようなふたりの画業の集大成となった。

佐喜眞美術館の展示室。丹念な取材に裏付けられた描写に言葉を失う。 (佐喜眞美術館提供)

制作されたのは以下の計14作品

・沖縄の図[八連作](1983年)

久米島の虐殺(1)/久米島の虐殺(2)/亀甲墓/自然壕(ガマ)/喜屋武岬/集団自決/暁の実弾射撃/ひめゆりの塔

・沖縄戦の図(1984年)

・沖縄戦-きゃん岬(1986年)

・沖縄戦-ガマ(1986年)

・沖縄戦[読谷三部作](1987年)

チビチリガマ/シムクガマ/残波大獅子

《沖縄戦の図》の連作が他の共同制作と決定的に違うのは、沖縄の人びとが丸木夫妻の前で証言をし、モデルになり、沖縄の「現場」で描いた点にある。二人は「地上戦を知らない私たちは、沖縄の人たちから学ばなければならない」といい、慶良間諸島、沖縄島、久米島、伊江島とそれぞれの現場と人びとを精力的に訪ね歩いた。

《沖縄戦の図》(1984年) 佐喜眞美術館蔵

「沖縄はどう考えても今度の戦争で一番大変なことがおこっとる。原爆をかき、南京大虐殺をかき、アウシュビッツをかいたが、沖縄を描くことが一番戦争を描いたことになる」(位里)、「これは私達と沖縄の人たちとの共同制作です」「戦争というものを、簡単に考えてはいけないのです。日本が負けた、アメリカが勝ったということではなく、一番大事なことがかくされて来た、このことを知り深く掘り下げて考えていかなければなりません」(俊)
 《沖縄戦の図》には、丸木夫妻の「人間といのち」への深い鎮魂と地上戦を生き延びた人びとの、どんなことがあっても生きなさい、という「命どぅ宝(ヌチドゥタカラ、命こそ宝)」への決意が込められている。

「人間・戦争」がテーマの美術館
会場の佐喜眞美術館は1994年、県内初の私設美術館として開館した。敷地はもともと米軍普天間基地の一部で、返還された土地に建設された。

丸木位里・丸木俊の最晩年の連作《沖縄戦の図》が常設展示され、「人間・戦争」をテーマとするコレクションには、ケーテ・コルヴィッツ、ジョルジュ・ルオー、上野誠、浜田知明、草間彌生などがある。

ケーテ・コルヴィッツ《種を粉に挽いてはならない》(1942年)
坂田知明《初年兵哀歌(歩哨)》(1954年)
草間彌生《靴をはいて野にゆこう》(1979年)

他にも現代アート、県内作家のコレクションも数多く収蔵。年34回の企画展・収蔵品展を開催している。また、常設《沖縄戦の図》と普天間基地に隣接していることから平和学習の場として全国から修学旅行生や学習団体も多く来館している。

美術館屋上に設けられた6段と23段の階段は、623日の「慰霊の日」の夕陽の沈む線に沿って設けられている。つきあたりの正方形状の小さな窓には「慰霊の日」の夕陽が差し込む。永遠に続く平和への祈りが込められている。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

「聖徳太子と法隆寺」展 週末閉幕の奈良国立博物館はファンの熱気 来月、東京へ

奈良国立博物館で開催中の特別展「聖徳太子と法隆寺」は6月20日(日)の閉幕が間近に迫り、連日ファンの熱気に包まれている。 16日(水)は雨がちのあいにくの空模様だったが、午前9時30分の開場前から入場待ちの列ができた。初

続きを読む
新着情報一覧へ戻る