庵野秀明展 国立新美術館(六本木)で10月1日から開催 日本を代表するクリエイターの展覧会

総監督を務めた最新作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が大いに注目を集め、「シン・ゴジラ」の大ヒットも記憶に新しい庵野秀明氏。日本を代表するクリエイターとして確固たる地位を築いた庵野氏の過去作品から、最新の仕事までを網羅した「庵野秀明展」がこの秋、国立新美術館(東京・六本木)で開催されることが発表された。創作の原点となった「アニメ」「特撮」作品の貴重な原画やミニチュアなどをはじめ、アマチュア時代から現在までの直筆の膨大なメモやイラスト、設定、イメージスケッチ、画コンテ、レイアウト、原画からミニチュアセットに至るまで、多彩な制作資料を余すことなく展示する世界初の展覧会となる。

展覧会名:庵野秀明展 HIDEAKI  ANNO  EXHIBITION

会期:2021年10月1日(金)~12月19日(日)

会場:国立新美術館 企画展示室1E(東京・六本木)

開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)

休館日:毎週火曜日 ※ただし11月23日(月・祝)は開館

展覧会ホームページはこちら

直前の記事

【今週のぶら美】2時間スペシャル ~富士山を望む絶景アート旅と、京都・奈良…世界遺産ランキング!~ 6月15日(火)放送

【BS日テレ  ぶらぶら美術・博物館】 ★第380回 ぶらぶら美術・博物館スペシャル(2時間スペシャル) ~富士山を望む絶景アート旅と、京都・奈良…世界遺産ランキング!~ ★6月15日(火)よる8時放送 番組ホームページ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る