【プレビュー】近代日本の社会貢献の象徴 「三菱の至宝展」 国宝12点が集結 三菱一号館美術館で6月30日開幕

展覧会名:三菱創業150周年記念 三菱の至宝展

会期:2021年6月30日(水)~9月12日(日)

  <前期:8月9日(月・振替休)まで。後期:8月11日(水)から>

会場:三菱一号館美術館(東京・丸の内、JR東京駅・丸の内南口徒歩5分、JR有楽町駅・国際フォーラム口徒歩6分、東京メトロ千代田線二重橋前駅徒歩3分、東京メトロ有楽町線有楽町駅徒歩6分、東京メトロ丸の内線東京駅徒歩6分)

開館時間:10:00~18:00(入館は開館の30分前まで)

休館日:月曜日、展示替えの8月10日(火)(ただし7月26日、8月9日、8月30日、9月6日は開館)

入館料・当日券:一般1900円、高校・大学生1000円、小・中学生無料

詳細は展覧会公式サイト

日本の産業界の近代化をリードした三菱の創業は、1870(明治3)年に、土佐藩の事業を引き継いだ九十九商会の設立に遡る。以来、1945(昭和20)年の財閥解体に至るまで、創業家である岩崎家の4代の社長によって三菱は発展を遂げる。彼らは社会貢献の一環として文化財の保存、継承にも強い関心を持ち、収集した古今東西のコレクションは現在、主に静嘉堂(東京・世田谷区)と東洋文庫(東京・文京区)で収蔵、研究が続けられるとともに、様々な形で公開され、現在も日本の文化に大きく貢献している。

今展では三菱の創業150周年を記念して、岩崎家4代の社会貢献の歴史をたどりつつ、国宝12点、重要文化財31点を含む貴重な作品群、約100点を紹介する。静嘉堂と東洋文庫の所蔵品が一度に見られる貴重な機会、という点でも見逃せない。

《曜変天目》《毛詩》をはじめとする国宝12点が出品

完品としては世界に3点のみが伝存する「曜変天目」、俵屋宗達の『源氏物語関屋澪標図屛風』、中国最古の詩集の唐時代の書写本「毛詩」など、豪華絢爛な顔ぶれを堪能する。

国宝《曜変天目(稲葉天目)》 建窯 南宋時代(12-13世紀) (公財)静嘉堂蔵
国宝『毛詩』唐時代(7-8世紀) (公財)東洋文庫蔵 【展示期間:8月11日~9月12日】
国宝《源氏物語関屋澪標図屏風》のうち「関屋図」俵屋宗達 江戸時代・1631(寛永8)年 (公財)静嘉堂蔵  【展示期間:8月11日~9月12日】
国宝《太刀 銘 包永》 手掻包永 鎌倉時代(13世紀) (公財)静嘉堂蔵 【展示期間:6月30日~8月9日】
国宝『古文尚書』初唐時代(7-8世紀) (公財)東洋文庫蔵 【展示期間:6月30日~8月9日】
国宝《倭漢朗詠抄 太田切》平安時代(11世紀) (公財)静嘉堂蔵 【会期中場面替えあり】

国宝《禅機図断簡 智常禅師図》因陀羅、楚石梵琦/題 元時代(14世紀) (公財)静嘉堂蔵  【展示期間:8月11日~9月12日】

国宝『与中峰明本尺牘』趙孟頫 元時代(14世紀) (公財)静嘉堂蔵 【展示期間:6月30日~8月9日】
国宝『文選集注』平安時代(10-12世紀) (公財)東洋文庫蔵 【会期中巻替えあり】
国宝『史記 夏本紀』 平安時代(12世紀) (公財)東洋文庫蔵 【会期中巻替えあり】
国宝《風雨山水図》伝馬遠 南宋時代(13世紀) (公財)静嘉堂蔵 【展示期間:6月30日~8月9日】
国宝『春秋経伝集解』平安時代(12世紀頃) (公財)東洋文庫蔵 【展示期間:6月30日~8月9日】

岩崎家の歩みを振り返る

三菱を創業した岩崎家の初代・彌太郎、二代・彌之助、三代・久彌、四代・小彌太は、海運をはじめとする日本の産業の近代化を推進した。同時に学問にも深い関心をもち、国際感覚に優れた彼らの文化活動の保護・育成や、文化財収集は社会貢献としての性格を強く帯びるものだった。4章に分けて彼らの事績を回顧し、コレクション形成の過程を振り返っていく。

《岩崎彌太郎座像》大熊氏廣 明治時代 (公財)三菱経済研究所蔵
重要文化財《龍虎図屏風》のうち「虎図」 橋本雅邦 1895(明治28)年 (公財)静嘉堂蔵 【展示期間:6月30日~8月9日】

雅邦の代表作。岩崎彌之助の援助により描かれた第4回内国勧業博覧会出品作のひとつ。1955(昭和30)年、明治期の日本画革新の記念碑的作例として、近代絵画で初めて重要文化財に指定された。

静嘉堂、東洋文庫の歴史的貢献

彌之助が創設し、小彌太が拡充した静嘉堂は20万冊の古典籍と6500点の日本・東洋の美術品を所蔵。アジア最大級の東洋学研究図書館である東洋文庫は久彌が創設し、漢籍・和書・洋書など約100万冊の蔵書を誇り、マルコ・ポーロの「東方見聞録」などの重要資料も含まれる。また三菱経済研究所では三菱の歴史に関する史料の収集・保存・公開などを行っている。

静嘉堂(東京都世田谷区) 開館30周年を迎える2022年、東京・丸の内の明治生命館1階に美術館の展示ギャラリーを移転予定
東洋文庫(東京都文京区)は、東洋学分野でアジア最大級の研究図書館
三菱経済研究所(東京都文京区)

これらの施設で日本・東洋美術史を形成したコレクションと、その歴史的な意義を改めて回顧する。

『東方見聞録』1485年/刊、アントワープ (公財)東洋文庫蔵
シーボルト『日本植物誌』1835-70年 (公財)東洋文庫蔵 【会期中場面替えあり】
『イエズス会士書簡集(伝・マリー・アントワネット旧蔵書)』1780-83年/刊、パリ (公財)東洋文庫蔵
《青磁鯱耳花入》龍泉窯 南宋時代(13世紀) (公財)静嘉堂蔵

近代日本の文化財保護の歩みを体感する、豪華で意義のある催し。ぜひ足を運びたい。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

【開幕】曜変天目など国宝ずらり「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展」(三菱一号館美術館)

直前の記事

【開幕】大人気漫画の世界観を再現 「キングダム展 -信-」(東京・上野の森美術館)

アニメ化、実写映画化も話題の漫画作品の原画展、「キングダム展 -信-」が上野の森美術館で開幕した。 「週刊ヤングジャンプ」(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』。紀元前、中国春秋戦国時代を舞台に、歴史上、最も果てし

続きを読む
新着情報一覧へ戻る