「マティス 自由なフォルム」展、今秋開催予定を延期

国立新美術館(東京・六本木)で、今年9月15日に開幕予定だった「マティス 自由なフォルム」展が延期となった。主催者が4日、発表した。主催者は延期の理由について、「新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、展覧会を当初の予定通りに行うことが難しいと判断した」と説明している。新しい会期は来年以降、ホームページ等で知らせるとしている。

「マティス 自由なフォルム」展は、マティスの「切り紙絵」に焦点を当てた日本初の展覧会。9月15日(水)から12月13日(月)の会期で、国立新美術館の企画展示室2Eを会場に開催予定だった。

直前の記事

【プレビュー】力強さと優しさが同居する 「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌであればこそ」 東京ステーションギャラリー(東京駅丸の内北口) 7月17日開幕

アイヌ民族の木彫りの技を受け継ぎ、大胆さと繊細さ、力強さと優しさという相反する要素を熊や人間の姿に表した北海道の木彫家・藤戸竹喜(ふじとたけき)の全貌を紹介する展覧会。   「木彫り熊の申し子 藤戸竹喜 アイヌ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る