月刊誌「芸術新潮」6月号の特集は「新・永遠の美少年」

雑誌「芸術新潮」の2021年6月号が5月25日発売された。今号の特集は、「新・永遠の美少年」。
2017年1月号の特集「永遠の美少年」から4年、西洋美術を中心に実在した美少年たちが描かれた絵画や彫刻などを紹介する。

「日本の歴史に名を刻む美少年ベストナイン」や、ジャニーズJr.のユニット「美 少年」の写真グラフやインタビューも掲載。

<マンガ>も充実。特集にちなむマンガ家インタビューでは、『帝一の國』の古屋兎丸が「僕が制服美少年を描く理由」を語る。展覧会が迫る『キングダム』の原泰久の大型墨絵の制作現場の様子とインタビューを掲載。ヤマザキマリ、とり・みき「ルネッサンス画家職人伝 リ・アルティジャーニ」は今号で最終回を迎えた。

4年ぶりの「美少年」特集について、芸術新潮編集部の田中樹里さんは「前回にも増して、萌え死にしそうな美少年が出揃いました。もちろん眼福を味わえるだけでなく教養も高まる永久保存版です」と話している。

定価1500円。購入は、書店や芸術新潮のサイトから各インターネット書店で。

直前の記事

特別展「生誕130年記念 髙島野十郎」巡回展 「空(くう)を描き、徹頭徹尾自身の画業を貫いた写実の画家」最多の出展数だった奈良展担当学芸員に魅力を訊く

4月17日に開幕した奈良県立美術館の巡回展は、新型コロナウイルス感染拡大により、5月1日から休館のまま閉幕。 <奈良県立美術館臨時休館中 3日間限定の髙島野十郎展公開情報> 奈良県立美術館は臨時休館中だが、5

続きを読む
新着情報一覧へ戻る