【レビュー】 満開の四季の花に囲まれて 開館55周年記念特別展「百花繚乱 -華麗なる花の世界-」 山種美術館(東京・広尾)で開催中

荒木十畝 《四季花鳥》 1917(大正6)年 絹本・彩色 山種美術館

横山大観の桜、小林古径の菖蒲、結城素明の躑躅・百合、川端龍子の牡丹…四季折々に華やかに咲き誇る花々。名だたる画家たちによる創意工夫に満ちた花の絵を堪能する展覧会。

 

開館55周年記念特別展「百花繚乱 -華麗なる花の世界-」

山種美術館(東京・広尾)

会  期  4月10()~6月27()

開館時間  平日:午前10時~午後4時 土・日・祝日:午前10時~午後5(入館は閉館時刻の30分前まで)

※今後の状況により変更することも

休館日   月曜日(53日、4日、5日、6日は開館)

入館料 一般1300円ほか 中学生以下無料

JR恵比寿駅西口・地下鉄日比谷線恵比寿駅 2番出口より徒歩約10

詳しくは同館ホームページ

小林古径 《菖蒲》1952(昭和27)年 紙本・彩色 山種美術館

灯りを落とした会場に入ると、正面に古径の《菖蒲》の落ち着いた柔らかな花の色が出迎えてくれる。花菖蒲は古径が好んだ花で、この作品では愛蔵の古伊万里の壺と組み合わせている。上に向かって広がる構図は一見不安定だが、それが逆に動きを出し、花菖蒲の生命力に繋がっているという。

 

山種美術館は1966(昭和41)年に日本初の日本画専門の美術館として開館した。2021(令和3)年に開館55周年を迎え、今回はその記念特別展として企画された。先の4人の他、近・現代の日本画を中心に奥村土牛、山口蓬春、速水御舟、菱田春草、前田青邨、土田麦僊、小茂田青樹、福田平八郎など日本を代表する画家たちの花の絵、54点を展示する。

 

横山大観 《春朝》1939(昭和14)年 絹本・彩色 山種美術館

大観は本居宣長(17301801)の和歌「しき嶋のやまとごころを 人とはば 朝日ににほふ山さくら花」を意識して《山桜》という作品を描いている。この絵も宣長の歌のように山桜と太陽を日本の象徴として描いたものと思われる。

 

小林古径 《鉢花》1953(昭和28)年 紙本・彩色 山種美術館

 

結城素明 《躑躅百合》1930(昭和5)年頃 絹本・彩色 山種美術館

 

美術の世界では異なる季節の花を一つの情景として描くことも可能だ。「四季花鳥画」や「四季草花図」と名付けられた作品は、春夏秋冬の植物が一度に花を咲かせ、一種のユートピアの世界が表現される。荒木十畝の《四季花鳥》もその一つ。紅椿や白木蓮、桐、楓、梅などの四季の花木の中に優美な鳥が配され、確かにユートピアと呼びたくなる。田能村直入(ちょくにゅう)の《百花》は、四季の花100種を描いた一枝のみを描く切枝(せっし)画の花卉図巻。絹本に描かれた一枝ごとの鮮やかな花が「百花繚乱」そのものだ。

田能村直入 《百花》(部分) 1869(明治2)年 絹本・彩色 山種美術館

 

右から 長谷川雅也《唯》2016(平成28)年 紙本・彩色    安原成美《雨後のほほ》2019(平成31)年 紙本・彩色  西田俊英《華鬘》1983(昭和58)年 紙本・彩色 山種美術館

山種美術館が日本画の奨励・普及活動の一環として創設した「山種美術館賞」を受賞した3人の作品。「華鬘(けまん)」とは仏前をおごそかに飾るために仏堂に掛ける装飾のこと。西田は「単に美しさや、死の生々しさではなく、死というものへの尊厳・荘厳さを銀を中心とした世界で表現したかった」と説明文に書いている。

 

川端龍子《八ッ橋》1945(昭和20)年 絹本金地・彩色 山種美術館

尾形光琳の屏風絵に刺激を受けて描いた作品。光琳が型の反復で花を描いたのに対し、龍子は一輪一輪を個性ある花として写実的に描き、光琳図にはない白い花も描き込んでいる。

川端龍子《牡丹》1961(昭和36)年 絹本・彩色 山種美術館

 

美術館内のカフェでは展覧会に登場する画家の絵にちなんだ和菓子も楽しめる。「はまなす」、「雨あがり」、「あずまくだり」、「花のかおり」「百花」など、モデルとなった絵を思い浮かべながら甘いもので脳と体を休めるのもいいかも知れない。

 

次回展覧会予定 山種美術館所蔵 浮世絵・江戸絵画名品選 ―写楽・北斎から琳派まで―

2021年73()829()

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

【開幕】大好きな絵を大好きな人たちのために出版したら 「マニュエル・ブルケール 20世紀パリの麗しき版画本の世界」展 目黒区美術館(東京・目黒)で始まる

エミール・ベルナールやマルク・シャガール、モーリス・ユトリロといった主に20世紀前半にフランスで活躍した画家たちの版画の数々。パリの医師マニュエル・ブルケールが限定出版した版画本から500点を展示する。   「

続きを読む
新着情報一覧へ戻る