【プレビュー】 「近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-」展 国立工芸館(金沢)で4月29日から

(手前から)安藤源一郎《紙胎蒟醬風籟茶器》、内田鋼一《白金彩茶盌》、新里明士《光器水指》 いずれも2020年 東京国立近代美術館蔵 撮影:大屋孝雄

国立工芸館の金沢市への移転開館記念展の第3弾。時代によって移り変わる茶の湯に対する作家の思考や茶の湯の造形について、四季の取り合わせの中で紹介しようというもの。荒川豊蔵(陶芸)、松田権六(漆芸)、初代長野垤志=てつし=(金工)、三輪休和(陶芸)といった人間国宝が生み出した「茶の湯のうつわ」を中心に約150点が展示される。会場に設置されたQRコードにアクセスしてスマホ上で茶碗を回しながら見ることも。

 

国立工芸館石川移転開館記念展Ⅲ「近代工芸と茶の湯のうつわ-四季のしつらい-」展

国立工芸館(金沢市出羽町)

会期 429(木・祝)74()

開館時間 午前930分~午後530分(入館は午後5時まで)

休館日 月曜日(53日は開館)56()

入館料 一般500円ほか   高校生以下および18歳未満無料

障がい者手帳提示の方および付添者1人まで無料

JR金沢駅からバスで10分「広坂・21世紀美術館」下車徒歩約7分~9

同「出羽町」下車徒歩約7

 

詳しくは同工芸館ホームページ

 

松田権六《蒔絵松桜文棗》1969年 東京国立近代美術館蔵 撮影:大屋孝雄

 

初代長野垤志《松林の図肩衝釜》1959年 東京国立近代美術館蔵 撮影:大屋孝雄

茶の湯のうつわを楽しむ

茶碗、水指、茶器、花入など個々のうつわにスポットを当てて、造形や意匠の広がりを概観する。たとえば、令和2年度に新たに収蔵した荒川豊蔵(18941985)と加藤唐九郎(18971985)の志野の茶碗を見比べ、志野というやきものに対するそれぞれの考え方を探る。

 

荒川豊蔵《志野茶垸 銘 不動》1953年頃 東京国立近代美術館蔵 撮影:大屋孝雄

 

加藤唐九郎《鼠志野茶盌 銘 鬼ガ島》1969年 東京国立近代美術館蔵 撮影:大屋孝雄

取り合わせを楽しむ

茶碗と茶器、そこに水指が加わるなどしたうつわの取り合わせには、その場を設定した者の考え方が見える。今回の展示では季節や素材による取り合わせの制約を超えて、色や形、雰囲気など見た目で楽しむ取り合わせに。

三輪休和《萩編笠水指》1975年 東京国立近代美術館蔵 撮影:エス・アンド・ティ フォト
黒田辰秋《金鎌倉五稜茶器》1980年頃 東京国立近代美術館蔵 撮影:エス・アンド・ティ フォト

現代の「茶の湯のうつわ」

2020年に工芸館の移転・開館を記念して行われた、12人の作家による制作プロジェクトでの作品を改めて展示する。

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

【プレビュー】 巨大な“生き物”が這い歩く 「テオ・ヤンセン展」 山梨県立美術館で4月24日開幕

巨大な生命体が風を受けて砂浜をクモが這うように歩く。そんな姿をニュースなどで見た人もいるだろう。「現代のレオナルド・ダ・ヴィンチ」とも呼ばれ、芸術と科学の融合した作品を制作するテオ・ヤンセン。巨大アート作品「ストランドビ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る