【開幕】特別展「豊臣の美術」(大阪市立美術館)

豊臣ゆかりの品々を紹介する特別展「豊臣の美術」が、大阪市立美術館で開幕した。
豊臣秀吉とその一族は、強大な権勢と富を手中におさめ、絢爛豪華な桃山文化を隆盛へと導いた。その期間は、30年あまりと短かったものの、彼らがリードした文化創造のトレンドは、桃山美術の潮流を醸成する原動力となった。
本展は、国宝3件・重要文化財22件を含む、約80点を展示。多数の肖像画をはじめ、唐物の茶道具や刀剣など、一族が収集した数々の名物が並ぶ。狩野派の寺院障壁画や、秀吉を追慕する風俗画なども見られる。
会期中展示替えあり。5月16日まで。

直前の記事

【プレビュー】憂いを帯びた静謐な世界を味わう 「みみをすますように 酒井駒子」展 PLAY!MUSEUM(立川)で4月10日から

「みみをすますように 酒井駒子」展 会期:2021年4月10日(土)~7月4日(日)会期中無休 10:00~18:00(平日は17:00まで/入場は閉館の30分前まで) 会場:PLAY!MUSEUM(東京都立川市、JR立

続きを読む
新着情報一覧へ戻る