【プレビュー】憂いを帯びた静謐な世界を味わう 「みみをすますように 酒井駒子」展 PLAY!MUSEUM(立川)で4月10日から

『BとIとRとD』原画(白泉社、2009年)

「みみをすますように 酒井駒子」展

会期:2021年4月10日(土)~7月4日(日)会期中無休

10:00~18:00(平日は17:00まで/入場は閉館の30分前まで

会場:PLAY!MUSEUM(東京都立川市、JR立川駅北口・多摩モノレール立川北駅北口より徒歩約5分)

入場料:一般1500円、大学生1000円、高校生800円、中・小学生500円(同時開催の「ぐりとぐら しあわせの本」展の料金も含む)

詳しくは同館ウェブサイトへ。

『まばたき』原画(岩﨑書店、2014年)

「金曜日の砂糖ちゃん」「ぼく おかあさんのこと…」など、どこか憂いを帯びた美しい絵と、詩的な文章が響きあう独特の作風で高い人気を誇る絵本作家、酒井駒子。「ブラチスラバ世界絵本原画展」で金牌、オランダ「銀の石筆賞」を受賞するなど、国際的にも高く評価されている。

本展は作家初の本格的な個展で、これまでに刊行された20冊を超える絵本を中心に、デビューから最新作まで選りすぐりの原画250点を紹介する。黒色で下塗りした上に、少女や動物たちをひそやかに描く作家独自の手法は『ぼく おかあさんのこと…』(文溪堂)から定着した。時に段ボールやボール紙などの素材も使い、コラージュも用いる。印刷では再現の難しい色彩や微妙なタッチ、少女や動物の繊細な表情を間近で見ることができ、ファン必見だろう。

展示構成は酒井作品を象徴する6つの言葉でエリアを分け、特製の額やケースに収められた原画と、物語や文章の断片をめぐっていく。作家が制作を行う山のアトリエ周辺の映像や音、小さなオブジェなどを配し、散歩するように絵と言葉に出会っていく。主な出展作品は以下のとおり。

1.ある日

『金曜日の砂糖ちゃん』原画(偕成社、2003年)

2.ひみつ

『ビロードのうさぎ』原画(ブロンズ新社、2007年)
『BとIとRとD』原画(白泉社、2009年)

3.こみち

『森のノート』原画(筑摩書房、2017年)

4.はらっぱ

『くまとやまねこ』原画(河出書房新社、2008年)

5.こども

『ぼく おかあさんのこと…』原画(文溪堂、2000年)
『ロンパーちゃんとふうせん』原画(⽩泉社、2003年)

6.くらやみ

『よるくま』原画(偕成社、1999年)

<酒井駒子プロフィール>

1966年生まれ、絵本作家。絵本に『よるくま』『はんなちゃんがめをさましたら』(いずれも偕成社)『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など、画文集に『森のノート』(筑摩書房)。『きつねのかみさま』(ポプラ社)で日本絵本賞、『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラチスラバ世界絵本原画展金牌賞、『ぼく おかあさんのこと…』(文溪堂)でピチュー賞(フランス)・銀の石筆賞(オランダ)、『くまとやまねこ』(河出書房新社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。『ゆきがやんだら』(学研プラス)はニューヨーク・タイムズの「2009年の子供の絵本最良の10冊」にも選ばれた。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

新着情報一覧へ戻る