【レビュー】厄災と私たちを繋ぎ直すアートの力 「3.11とアーティスト:10年目の想像」展 水戸芸術館

小森はるか+瀬尾夏美《二重のまち/交代地のうたを編む》2019 ©Komori Haruka + Seo Natsumi

.11とアーティスト:10年目の想像

Artists and the Disaster Imagining in the 10th Year

会期:2021年2月20日(土)~5月9日(日) 月曜休館、5月3日(月・祝)は開館

会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー(茨城県水戸市、水戸駅北口からバス、「泉町1丁目」下車)

入場料:一般900円ほか

東日本大震災から10年。3月11日を挟んでアート界でも様々な取り組みが行われた。施設自体が被害を受け、臨時の避難所にもなった水戸芸術館で開かれている本展では、現在も被災地と深くかかわるアーティストが参加。既存作品のほかに、イメージを喚起する力の強い新作がならんだ。ともすれば「過去」のものになりかねないあの厄災と私たちを繋ぎ直し、ひとりひとりが後世に語り継いでいく責任があることを思い起こさせる。

展示会場の冒頭に掲示された年表には、この10年間に発生した主な自然災害を記述してある。いかに厄災に満ちた日々だったかを思い起こさせる。

大震災後、甚大な被害を受けた陸前高田に3年間暮らし、現在は仙台を拠点に活動する映像作家の小森はるかと、画家で作家の瀬尾夏美によるインスタレーション。演台のような机の上にはこの間、被災地で見聞きした言葉や情景を綴った紙が置かれており、胸を突かれる。

この二人の取り組みは《あわいゆくころ再歩》《二重のまち》《二重のまち/交代地のうたを編む》といった作品として紹介されている。今からさらに10年後の被災地の様子を仮想して文章や絵で構成したものや、その土地に全く縁のない人が住民から聞き取りをして、自分語りとして震災とその後の記憶を未来に語り継いでいく試みなど多彩だ。当事者と非当事者の境界をなくし、それぞれにとって厄災が「自分事」となるように様々な工夫が凝らされており、見る側も力が入る。

小森はるか+瀬尾夏美《二重のまち/交代地のうたを編む》2019 ©Komori Haruka + Seo Natsumi

国際的に活躍する美術家、演出家の高嶺格(たかみね・ただす)の映像作品は原発事故後の日常の暮らしを描く。食品の安全性を心配するあまり、深刻な風評被害や差別が起きたことはいまだに記憶に生々しい。当時、実際に店舗などで交わされた会話を記録し、演技で再現したもので、「では、自分はどうだったのか」という問いを突き付けられる。

高嶺格《ジャパン・シンドローム水戸編》2012

加茂昂《福島県双葉郡浪江町北井出付近にたたずむ》2019 撮影:加藤健

画家の加茂昂(かも・あきら)は様々な土地で出会った人や出来事、歴史に向き合い、社会や個人の事象や心象を描く。今展では福島第一原発周辺の風景を描いた作品を出展している。一見、とても牧歌的だが、通行禁止を示す看板や柵、ロープなどがあり、その先には行けない現実を突きつけられる。

美術家、映画監督の藤井光の映像作品は、学校を舞台にしたもの。水戸の小学校に通う小学生らに出演してもらい、あかい線の内側(圏内)に住んでいるかどうかで「いい子」と「悪い子」に分け、次の日には「いい」と「悪い」が逆になる、というストーリー。災害や病気、障害や肌の色など、その人が自分で選べない理由でおこる「差別」がいかに理不尽で、誰にでも起こり得る、ということを見る者も体感する。

藤井光《あかい線に分けられたクラス》2021

撮影はコロナ禍と重なり、出演者はみなマスク姿。検温などの要素も入れた。強い同時代性を感じる。

佐竹真紀子《日和山の再会》2020

美術家の佐竹真紀子は宮城県生まれ、現在は同県在住。大震災を受け、津波被害を受けた仙台市の沿岸地域に市営バス停留所を模したオブジェを設置する《偽バス停》シリーズなどを展開した。壊滅的な被害を受けた荒浜が舞台になっている《Seaside Seeds(2017)は、江戸時代の絵などをもとに、かつてのにぎやかな浜から今までが一緒に描かれており、時間の流れを一枚の絵に織り込んだ。

鹿児島生まれで、現在はオランダのハーグ在住のニシコ。津波のあと、誰にも拾われずに浜辺に落ちていたり、壊れたりしていたものを拾い集め、つなぐなどしてもとの形に修復する。さらにそれを自分が住むオランダに持ち帰り、現地の人に預かってもらった。オランダの人たちがどう受け止めたのかを冊子にしてまとめてあり、「自分事」として震災の記憶が広がっていく過程が興味深い。

ニシコ《地震を直すプロジェクト第7段階(メッセージ)オブジェクト#2012_3 (取り皿)》2021  撮影:ニコラ・コーカルディ

オランダに運ばれた作品と、オランダの人たちがそれをどう受け止めたのかを冊子やスナップで見ることができる。

Don’t Follow the Wind」は福島原発事故の帰還困難区域で、2015年から行われているプロジェクトの名称。12組のアーティストによる作品が、一般の立ち入りが制限されている同エリア内の複数の会場に展示されており、「見ることができない展覧会」という試みが強いメッセージを発している。水戸芸術館の会場では、現地に実際に展示されている作品の一部などがみられる。

グランギニョル未来《グランギニョル未来2020》からの画像 2020 Courtesy of Don’t Follow the Wind

会場には、観覧者がみて感じたこと、思ったことをボランティアに話す「対話の電話」(日時限定)や、感想を綴った紙を貼り付ける「つぶやきの壁」があり、見る側にも当事者としての意識を持ってもらうよう促している。

想像力を刺激して、私たちがあらためて「自分事」として震災のことを受け止めるきっかけになる展示の数々。10年目の「3.11」が終わっても震災の傷跡が癒えるわけではない。一人でも多くの方に触れてほしい展覧会だと思う。

詳しくはこちらへ。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【開幕】「凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ」(京都国立博物館)

「凝然国師没後700年 特別展 鑑真和上と戒律のあゆみ」が、京都国立博物館で開幕した。 中国・唐時代の高僧で、律の大家として尊敬を集めた鑑真(688~763)。鑑真が建てた唐招提寺の寺宝のほか、多くの国宝・重要文化財を含

続きを読む
新着情報一覧へ戻る