【プレビュー】「知られざる巨匠」の全画業を紹介 渡辺省亭展 東京藝術大学大学美術館で3月27日から

《百舌鳥に蜘蛛図(花鳥魚鰕画冊)》 絹本着色/一面(全二十一面のうち)/メトロポリタン美術館

渡辺省亭 -欧米を魅了した花鳥画―

Watanabe Seitei:Brilliant Birds, Captivating Flowers

2021年3月27日(土)~5月23日(日)、会期中展示替えあり、月曜休館(5月3日は開館)

東京藝術大学大学美術館(東京台東区上野公園、JR上野駅(公園口)、東京メトロ千代田線根津駅から徒歩10分、京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅から徒歩15分)

観覧料:(当日)一般1700円、高校・大学生1200円

(※本展は事前予約制ではないが、今後の状況により変更及び入場制限等を実施する可能性がある。最新の情報をホームページで要確認)

巡回予定:岡崎市美術博物館(愛知県、5月29日~7月11日)、佐野美術館(静岡県、7月17日~8月29日)

近年、急速に人気が高まっている日本画家の渡辺省亭(わたなべ・せいてい)(1852~1918)。初の大規模な回顧展で、メトロポリタン美術館など海外から初めて里帰りする作品や、これまで知られていなかった個人蔵の作品も交えて、画業の全容を紹介する。

迎賓館赤坂離宮・七宝額原画《山翡翠・翡翠に柳》絹本着色/一面(全三十図のうち)/東京国立博物館/Image : TNM Image Archives/前期展示:3月27日(土)~4月25日(日)

省亭は嘉永4年12月(1852年1月)、江戸神田佐久間町の生まれ。16歳で歴史画家・菊池容斎に入門し、絵の道に。明治8年(1875)、起立工商会社に入社し、輸出用工芸図案を担当。明治10年(1877)の内国勧業博覧会出品作を翌年のパリ万博にも出品。同社派遣で日本画家として初めてパリにわたり、ドガをはじめとする印象派の画家たちと交流した。繊細で洒脱な花鳥画で人気を博し、ロンドンでも個展を開くなど海外で高い評価を得る。帰国後は内外の博覧会や展覧会に出品しつつ、明治20年代には伝統と洋風を融合した自己の様式を確立した。国内でも迎賓館赤坂離宮の七宝額原画を描くなどその実力は広く知られたが、明治30年代以降は展覧会や美術団体とは距離を置き、市井の画家として独自の活動を行った。大正7年(1918)に亡くなる直前まで、注文に応じて旺盛な制作をつづけた。以下、見どころを紹介する。

<初の里帰り作品>

明治11年、省亭は日本画家としてはじめてパリを訪問。滞在中、その筆さばきでドガをはじめ多くの印象派の画家たちを驚かせたと伝えられている。また明治20年代にロンドンの画廊で開催された展示会では100点以上が販売されたと考えられている。今回、海外での高い評価を物語る作品が里帰りする。

《鳥図(枝にとまる鳥)》1878(明治11)年/紙本淡彩/一面/クラーク美術館 Clark Art Institute. clarkart. edu
《百舌鳥に蜘蛛図(花鳥魚鰕画冊)》 絹本着色/一面(全二十一面のうち)/メトロポリタン美術館
《牡丹に雛図(花鳥魚鰕画冊)》 絹本着色/一面(全二十一面のうち)/メトロポリタン美術館

<七宝作家 濤川惣助との超絶技巧コラボ>

無線七宝の技術を開発して近代日本工芸史に功績を残した濤川惣助(1847~1910)。その魅力を引き出したのが省亭の原画だった。東宮御所(迎賓館赤坂離宮)の造営では、省亭の原画による七宝額絵の連作を製作している。

渡辺省亭原画(推定) 濤川惣助作《柳燕図花瓶》 明治時代後期/七宝/一口/京都国立近代美術館/撮影:木村羊一
迎賓館赤坂離宮・七宝額原画《淡紅鸚哥に科木》絹本着色/一面(全三十図のうち)/東京国立博物館/Image : TNM Image Archives/前期展示:3月27日(土)~4月25日(日)

<愛らしい動物表現>

繊細で精緻な省亭の動物画は、近代的なリアリティが特徴。同時に愛らしさを持ち合わせている。

《春野鳩之図》 絹本着色/一幅/加島美術
《月夜木菟》 絹本着色/一幅/個人蔵

<美人画、風俗画にも魅力>

花鳥画で一世を風靡した省亭だが、美人画や風俗画にも独特の品格。後に続く鏑木清方らにも大きな影響を与えた。

《梅屋敷》1876(明治9)年/一幅/絹本着色/奈良県立美術館/後期展示:4月27日(火)~5月23日(日)
《四季江戸名所(春 上野清花)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
《四季江戸名所(夏 不忍池蓮)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
《四季江戸名所(秋 瀧の川の楓)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
《四季江戸名所(冬 墨堤の雪)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵

豪華画集の発行のため、数年前から入念な作品調査が行われており、これまで知られていなかった個人蔵の作品も登場する。いままでの「知る人ぞ知る」から、誰もが知る存在として省亭が認知される展覧会になりそうだ。詳しくはホームページへ。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

【プレビュー】「梵天坐像」「風神雷神図屏風」「御堂関白記」「稲葉江」 ・・ 国宝66件 特別展「京(みやこ)の国宝」 京都国立博物館で7月24日から

日本博/紡ぐプロジェクト 特別展「京(みやこ)の国宝―守り伝える日本のたから―」 会期:2021年7月24日(土)~9月12日(日) ※月曜休館、8月9日(月)は開館、8月10日(火)は休館 ※前期=7月24日(土)~8

続きを読む
新着情報一覧へ戻る