アーティゾン美術館「STEP AHEAD 新収蔵作品展示」は会期を延長 9月5日まで

藤島武二《東洋振り》1924(大正13)年 油彩、カンヴァス

アーティゾン美術館(東京・京橋)で開催中の「STEP AHEAD:Recent Acquisitions 新収蔵作品展示」は、当初の5月9日(日)の会期末を延長し、9月5日(日)まで開催することになった。

5月に予定されていた「クロード・モネ -風景への問いかけ」展の開幕が、10月に延期されたことに伴う措置。「STEP AHEAD」展は、藤島武二の《東洋振り》を含む未公開の新収蔵品92点などを紹介している。同展について詳しくはこちらへ。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

「クロード・モネ -風景への問いかけ」展 再度延期 10月2日に開幕

アーティゾン美術館(東京・京橋)で今年5月29日(土)~9月10日(金)の会期で開催が予定されていた「クロード・モネ -風景への問いかけ」展が、新型コロナウイルスの影響で、開催を延期することになった。主催者が12日、発表

続きを読む
新着情報一覧へ戻る