【開幕】新進作家を後押し 「FACE展2021」 SOMPO美術館(新宿)

グランプリ 魏嘉(ウェイ ジャ)《sweet potato》2020年 パステル・スプレー・エアブラシ・キャンバス

FACE展2021

2021年2月13日(土)~3月7日(日)、月曜休館

SOMPO美術館(東京・西新宿、JR新宿駅西口から徒歩5分、東京メトロ新宿駅から徒歩5分)

観覧料:700円(高校生以下無料)

FACE展は、SOMPO美術館を運営する公益財団法人SOMPO美術財団が2012年に創設し、今年で9回目。新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しつつある。グランプリ賞金は300万円。本展では全国各地から応募した1193人の作品から、入選作品として選ばれた83点(うち受賞作品9点)を展示する。

読売新聞社賞 土井沙織《バイバイ フリードリヒ》2020年 ミクストメディア(寒冷紗、石膏、ペンキ、アクリル)

会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行う。「私の1点」を探す楽しみもある。

詳しくは同館ホームページへ。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

 

直前の記事

オンライン講演会「川合玉堂が目指したもの―風景表現の伝統と革新―」3月20日(土)14:00~15:30

山種美術館は現在開催中の「【開館55周年記念特別展】川合玉堂―山﨑種二が愛した日本画の巨匠―」の関連イベントとして、オンライン講演会「川合玉堂が目指したもの―風景表現の伝統と革新―」を開く。概要は以下の通り。 講師 三戸

続きを読む
新着情報一覧へ戻る