NEW

【プレビュー】ノスタルジーとともに、近代日本と東京を振り返る 電線絵画展 練馬区立美術館で2月28日から

川瀬巴水《東京十二題 木場の夕暮》 大正9年(1920) 木版画 渡邊木版美術画舗蔵

電線絵画展 -小林清親から山口晃まで-

2021年2月28日(日)~4月18日(日)

練馬区立美術館(東京都練馬区、西武池袋線中村橋駅徒歩3分)

観覧料:一般1000円、高校・大学生および65~74歳800円、中学生以下および75歳以上無料

電線や電柱といえば都市景観を損ね、ドライバーや歩行者からも迷惑がられる存在だが、街を雑然と彩るあの造形は多くの人々にとって一種の懐かしさを呼び起こすものでもあるだろう。本展は、故郷や都市の飾らない日常を象徴する電線や電柱について、明治初期から現在までに果たしてきた役割を確認しつつ、絵画化された作品の意図を検証し、読み解いていこうというユニークな試みだ。日本画、油彩画、版画、現代アートと、多彩な130点で構成される。

小林清親《従箱根山中冨嶽眺望》 明治13年(1880) 大判錦絵 千葉市美術館蔵

ペリーがもたらした電信機を使った実験が嘉永7年(安政元年・1854)、横浜で行われた。その折に警備を命じられた松代藩の藩士で絵師の樋畑翁輔が描いたスケッチが残っており、日本最古の電線、電信柱の図ということになる。電信柱が設置され、電信線が市中を走るのは明治2年(1869)から。富士山付近にも電信線が引かれ、小林清親は堂々とモチーフに選んだ。現代人なら「富士の景観を損なう」と眉をひそめそうだが、当時は日本が世界に誇る富士と近代化の象徴の共演、という文脈を与えられた。電柱や電線をフィーチャーした新しい風景画が次々と誕生した。

小林幾英《新よし原仲之町満花の図》明治22年(1890) 大版錦絵3枚続 浅井コレクション
小絲源太郎《屋根の都》明治44年(1911) 油彩、キャンバス 東京藝術大学大学美術館蔵

明治36年(1903)、東京に路面電車が走り始める。電信線、電話線に加えて、都市の新しい風景として電車の架線も描かれるようになった。

岸田劉生《代々木附近(代々木附近の赤土風景)》 大正4年(1915) 油彩 キャンバス 豊田市美術館蔵

東京郊外も造成とともに電柱が立ちはじめる。都会の増殖の象徴。

福田豊四郎《スンゲパタニに於ける軍通信隊の活躍》 昭和19年(1944) 紙本着色 東京国立近代美術館蔵(無期限貸与作品)

災害で傷ついた街の復興に欠かせない電線や電柱。また戦闘の遂行、領土の支配は通信網の整備から始まる。有事や危機管理と表裏一体の存在でもある。

朝井閑右衛門《電線風景》 昭和25年(1950)頃 油彩、キャンバス 横須賀美術館蔵

強烈な個性の持ち主で、戦後、上海から戻った朝井閑右衛門は神奈川県の横須賀市田浦に住み、電線と架線をモチーフとする《電線風景》の連作を生み出す。近くには横須賀線や京浜急行線も走っていた。

松風陶器合資会社《高圧碍子》 明治39年(1906) 磁器 東京工業大学博物館蔵

電柱に電線を絶縁固定するための碍子は磁器で作られる。伝統的な陶磁器産業から発展したセラミック技術の源である碍子は、その造形美にも一見の価値がある。

岡鹿之助《燈台》昭和42年(1967) 油彩、キャンバス ポーラ美術館蔵
山口晃《演説電柱》平成24年(2012) ペン、水彩、紙 個人蔵ⒸYAMAGUCHI Akira,Courtesy of Mizuma Art Gallery

街の風景と電柱は相いれないものなのか。様々な文脈を与えられて、電柱や電線をモチーフとする作品は今も作り続けられている。街と人の営み、景観との関係を見つめ直す興味深い展示になりそうだ。

同展について詳しくは同美術館ホームページへ。

(読売新聞東京本社事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

 

直前の記事

【プレビュー】贅を尽くした人形を愛でる喜び 「岩﨑家のお雛さま」展 静嘉堂文庫美術館

岩﨑家のお雛さま 2021年2月20日(土)~3月28日(日)、月曜休館 静嘉堂文庫美術館(東京都世田谷区岡本、東急二子玉川駅、小田急成城学園前駅からバス) 入館料:一般1000円、大学生・高校生・障がい者手帳をお持ちの

続きを読む
新着情報一覧へ戻る