【プレビュー】 特別企画「震災と未来」展 -東日本大震災10年- 日本科学未来館(東京・お台場)で3月6日から

東日本大震災から10年。震災を忘れず教訓を未来へ伝えようという展覧会、特別企画「震災と未来」展 -東日本大震災10年-が日本科学未来館(東京・お台場)36日から始まる。会場は三つのゾーンに分かれ、NHKがこれまで記録・蓄積してきた映像や資料、震災・復興に関するストーリーを持った品々などを展示。復興への取り組みと課題、今後の災害に対する備えを紹介する。

 

特別企画「震災と未来」展 -東日本大震災10年

日本科学未来館(東京・お台場)

会期 36()328()

開館時間 午前10時~午後5時(入場は午後430分まで)

休館日 39()316()

入場無料・事前予約制

新交通ゆりかもめ 東京国際クルーズターミナル駅下車、徒歩約5

同テレコムセンター駅下車、徒歩約4

東京臨海高速鉄道りんかい線 東京テレポート駅下車、徒歩約15

詳しくは展覧会公式サイト

 

ZONE1~東日本大震災をNHKアーカイブスで振り返る~

地震発生から72時間のニュースのダイジェスト映像やプロジェクションによる災害の体感、原発事故の記録や避難所の再現展示などから、震災発生時の状況を追体験する。また、全国の建築学生が協力した取り組み、被災前の街を縮尺1/500模型で復元する「失われた街」模型復元プロジェクトも紹介される。

地震発生から72時間 ©NHK

 

東日本大震災復興支援「失われた街」模型復元プロジェクト

ZONE2~あの日 そして明日へ…復興10年のあゆみ~

10年の復興の歩みをニュース映像とともに巨大スクリーンで振り返る。羽生結弦選手が「花は咲く」や「SEIMEI」の演技で着用した衣装や、レディー・ガガが復興支援チャリティーの一環としてネットオークションに出品したティーカップ、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」ゆかりの品々なども展示する。

レディー・ガガさんのティーカップ

ZONE3~あなたと未来を考える~

毎年のように各地で起きる自然災害やそれに伴う複合災害。東日本大震災の教訓をどう生かせるか。仮想空間の中で災害時に迫られる「選択」を体験するコーナーや、新型コロナウイルス対策をとったテントなどが展示される。

飛沫感染防止用テント 提供:流山市

 

東日本大震災関連では日本近代文学館でも「3.11文学館からのメッセージ 震災を書く」展が開かれている。同展は327日まで。

 

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班・秋山公哉)

直前の記事

大震災から10年 被災地の「祭り」、その重い意味  入江泰吉記念写真賞受賞 岩波友紀「紡ぎ音」展 2月20日から

第4回入江泰吉記念写真賞受賞 岩波友紀「紡ぎ音」展 入江泰吉記念奈良市写真美術館(奈良市、近鉄奈良駅・JR奈良駅からバス) 2021年2月20日(土)~3月28日(日) 観覧料金:一般500円、高校・大学生200円(高校

続きを読む
新着情報一覧へ戻る