【開幕】日本を代表するクリエイティブディレクター 「佐藤可士和展」(東京・国立新美術館)

日本を代表するクリエイティブディレクター、佐藤可士和の活動を紹介する「佐藤可士和展」が国立新美術館で開幕した。
革新的なブランド戦略を手がけ、国内外から注目を集める佐藤。過去最大規模の個展となる本展では、佐藤自身がキュレーションした会場構成の中で、約30年にわたる活動の軌跡を多角的に紹介する。
佐藤は、国立新美術館のロゴなど、数多くのロゴもデザインしてきた。そうした私たちが日々慣れ親しんでいるロゴを、巨大な絵画やオブジェとして展示。また、アートワークのシリーズ「LINES」と「FLOW」の対比的なインスタレーションも展開している。
本展は事前予約制。5月10日まで。

直前の記事

吉祥寺の「がまくんとかえるくん」展を開催 加藤久仁生制作のアニメーション上映、印刷のワークショップ、グッズ販売など

吉祥寺の「がまくんとかえるくん」展 PLAY! KICHIJOJI(PLAY! サテライトスポット)(吉祥寺駅から徒歩8分) 2021年2月11日(木・祝)~3月21日(日)の木、金、土、日曜 入場無料(ワークショップは

続きを読む
新着情報一覧へ戻る