小早川秋聲、初の大規模個展を今夏、京都で開催  東京、鳥取にも巡回

小早川秋聲《國之楯》1944(昭和19)年、京都霊山護国神社(日南町美術館寄託)

大正から昭和にかけて京都を拠点に活躍し、従軍画家としても知られる異色の日本画家、小早川秋聲(1885-1974)について、初期から晩年までの作品を紹介する初めての大規模個展「小早川秋聲展 」が今夏、京都文化博物館(京都市中京区)で開催される。

鳥取の住職の家に生まれた秋聲は9歳で僧籍に入るものの、その後画家を志す。京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)に入学するがまもなく退学。水墨画を学ぶために中国にわたり、東洋美術を研究する。またこのころから日本美術協会展、文展、帝展に出品し、多数の作品が入選する。

しばしば中国に渡ったほか、欧州を旅して西洋美術も学び、北米で日本美術を紹介するなど豊富な海外経験を積む。昭和7年(1932)以降、従軍画家として中国、東南アジアなどにたびたび派遣され、戦争記録画を描くようになる。代表作《國之楯》は軍の受け取りを拒否され、長く秘匿されていたが、戦後改作されて公開に至った。また戦後は仏画なども描いた。昭和49年2月に京都市内の病院で老衰のため死去。享年88歳だった。

小早川秋聲《薫風》(左隻)1924(大正13)年、個人蔵
小早川秋聲《薫風》(右隻)1924(大正13)年、個人蔵

今回は個人コレクションを中心に、秋聲の代表作をはじめとした初期から晩年に至る日本画約110点を展示する。資料も交えて創作の時代背景を踏まえつつ、その画業の全貌を紹介する初めての大規模回顧展となる。東京ステーションギャラリー、鳥取県立博物館にも巡回予定。

【会期・会場】

▼2021年 8月 7日~ 9月26日(予定)京都文化博物館

▼2021年10月 9日~11月28日(予定)東京ステーションギャラリー

▼2022年 2月11日~ 3月21日(予定)鳥取県立博物館

詳細は今後、京都文化博物館のホームページなどで発表される。

直前の記事

【開幕】 香りを見る 「香りの器 高砂コレクション展」パナソニック汐留美術館で始まる

香りは人間の記憶と結びつき、さまざまな感情を呼び起こす。しかし、香りは目に見えず、はかなくて捉えどころがない。その目に見えない香りを「見よう」という展覧会。古今の香りに関わる選りすぐりのコレクションを紹介する「香りの器 

続きを読む
新着情報一覧へ戻る