【開幕】近年の修復成果を紹介 「文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画 文化財修理の最先端」(京都国立博物館)

文化財修理の最先端 展示風景(京都国立博物館)

文化財保存修理所開所40周年記念 特別企画 文化財修理の最先端」が、京都国立博物館で開幕した。
同館の文化財保存修理所は1980年7月、指定文化財を安全に修理することを目的に設置された。公営の修復施設としては日本初で、2020年に開所40周年を迎えた。これを記念して、近年の修復成果の中で、新発見を伴い、特に注目される作例を厳選した。
文化財の修理では、仏像の胎内や絵の裏など、普段見ることができない部分を見ることができる。その際に発見された、画期的な新知見などもあわせて紹介する。国宝を含む52件を展示している。
会期中展示替えあり。2021年1月31日まで。

直前の記事

時代を追い、睡蓮に至るモネの創作の過程をたどる 今春開幕のモネ展(アーティゾン美術館)

「クロード・モネ―風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画」展  2021年5月29日(土)~9月10日(金) アーティゾン美術館(東京・京橋) 今年の注目展のひとつであるアーティゾン美術館のモネ展

続きを読む
新着情報一覧へ戻る