「リニューアル・オープン記念展 Ⅲ 美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語」開幕(東京・サントリー美術館)

リニューアル・オープン記念展 Ⅲ 美を結ぶ。美をひらく。 美の交流が生んだ6つの物語」がサントリー美術館で開幕した。
同館は2007年3月の移転開館以来、「美を結ぶ。美をひらく。」をミュージアムメッセージに掲げて活動してきた。
本展は、江戸時代から1900年パリ万博までの約300年間にちりばめられた「美を結ぶ物語」「美をひらく物語」を、同館の日本美術コレクションを軸に紹介。欧州も魅了された「古伊万里」、将軍家献上の使命で研ぎ澄まされた「鍋島」、東アジア文化が溶け込んだ琉球の「紅型」、西洋への憧れが生んだ「和ガラス」、東西文化が結び付いた江戸・明治の「浮世絵」、そして異文化を独自の表現に昇華した「ガレ」。国、時代、素材を越えて結び、ひらいた6つの美の物語を楽しむことができる。
会期中展示替えあり。2021年2月28日まで。

直前の記事

「練馬区立美術館開館35周年記念展 35年の35点 コレクションで振り返る練馬区立美術館」開幕(練馬区立美術館)

練馬区立美術館の開館35周年記念展、「35年の35点 コレクションで振り返る練馬区立美術館」が開幕した。 1985年からの「35年間」に同館で開催された展覧会は200本に及ぶ。この中から各年の印象的な展覧会を「35本」ピ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る