石彫に至る前人未踏の歩みをたどる 今春、東京都美術館で「イサム・ノグチ 発見の道」展

《ねじれた柱》1982‐84年 玄武岩 イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)蔵(公益財団法人イサム・ノグチ日本財団に永久貸与) 撮影:齋藤さだむ ©2020 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

イサム・ノグチ 発見の道 Isamu Noguchi:Ways of Discovery

東京都美術館(東京都台東区上野公園、JR上野駅「公園口」から徒歩7分、東京メトロ日比谷線上野駅から徒歩10分、京成上野駅から徒歩10分)

2021年4月24日(土)~8月29日(日)

イサム・ノグチ ©朝日新聞社

20世紀を代表する芸術家、イサム・ノグチ(1904-1988)による石彫に焦点をあてた大規模な回顧展が今春、東京で開催される。

ノグチはその長いキャリアで彫刻、舞台芸術、家具、ランドスケープデザインなど様々な分野で活躍した。中でも彫刻は一貫して取り組み、特に晩年に精魂を傾けた独自の石の彫刻群は、彼の芸術の集大成といわれる。

《黒い太陽》 1967‐69年 スウェーデン産花崗岩 国立国際美術館蔵 ©2020 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

本展では国内外の大型作品など約90件を展示。ひとつの素材や様式にとどまることなく、試みを繰り返しながら前人未踏の領域に到達したノグチの創造の軌跡をたどる。

《リス》 1988年 ブロンズ 香川県立ミュージアム蔵 ©2020 The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum/ARS, NY/JASPAR, Tokyo E3713

同展では、提灯にヒントを得て、ノグチが30年以上にわたって制作をつづけた光の彫刻「あかり」のインスタレーションや、金属彫刻、遊具彫刻などの体感型展示も行われる。ノグチはニューヨークと香川県高松市牟礼町にアトリエを構え、両地を行き来しながら制作に取り組んできた。牟礼町に残された作品が同所以外でまとめて展示されるのも今回が初めて。

「AKARI CLOUD」インスタレーション
イサム・ノグチ財団・庭園美術館(ニューヨーク)での展示風景(2018-19年)Photo:Nicholas Knight ©The Noguchi Museum /ARS

詳しくは公式ホームページへ。

(読売新聞東京本社美術館ナビ編集班)

直前の記事

大作《花と果実》を日本初公開 待望のマティス展、来秋東京で

「マティス 自由なフォルム」展 国立新美術館(東京・六本木) 2021年9月15日(水)~12月13日(月) 20世紀最大の巨匠のひとり、アンリ・マティス(1869-1954)。20世紀初頭、フォーヴィズムの中心人物とし

続きを読む
新着情報一覧へ戻る