充実の具体美術 特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」開幕(兵庫県立美術館)

展示室内風景

具体美術協会(具体)の作品を取り上げた特別展「開館50周年 今こそGUTAI 県美(ケンビ)の具体コレクション」が、兵庫県立美術館で開幕した。
「具体」は、前衛画家の吉原治良を中心に、1954年に芦屋で発足した前衛美術グループ。戦後の日本美術を語る上で欠かせないだけでなく、国際的にも高い評価を受けている。同館の前身、兵庫県立近代美術館の開館以来、長年にわたって築かれた「具体」コレクションは、点数、内容ともに、兵庫県立美術館の誇りの一つ。本展は、兵庫県立近代美術館から現在に至る50年間の収集活動を基に、「具体」像を考察する。
吉原をはじめ、具体を代表する白髪一雄や田中敦子らの力強く圧倒的な作品が並んでいる。
2021年2月7日まで。

直前の記事

日本の代表彫刻家の個展 「舟越 桂 私の中にある泉」開幕(渋谷区立松濤美術館)

現代日本を代表する彫刻家、舟越桂(1951~)の個展「舟越 桂 私の中にある泉」が渋谷区立松濤美術館で開幕した。 楠の木彫彩色の人物像で知られる舟越は、人間の姿を表すことに一貫してこだわってきた。「自分の中の水の底に潜っ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る