刀剣の名門の全容に迫る 「埋忠」展 大阪歴史博物館 新春は東京へ巡回

【重要文化財】短刀 名 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長十三年三月日/所持埋忠彦八郎重代 慶長13年(1608) 個人蔵

特別展「埋忠<UMETADA> 桃山刀剣界の雄」

2020年10月31日(土)~12月14日(月)

大阪歴史博物館(大阪市中央区)

埋忠(うめただ)とは、刀剣の世界で桃山時代から江戸時代にかけて活躍した一門の名前。この一門は、刀剣や鐔(つば)の制作にとどまらず、古い名刀の仕立て直しや、刀工名を入れる金象嵌銘(きんぞうがんめい)の嵌入(かんにゅう)、金具の制作や名刀の記録など、刀剣をめぐる幅広い領域に携わっていた。これらは埋忠工房全体で行われていたと考えられている。

今展では、高く評価されてきた埋忠明寿(みょうじゅ)をはじめとする一門の刀剣、刀装具を紹介するとともに、仕立て直しや金具制作、名刀の記録などの活動にも着目し、その実像を探る。来年1月は東京(刀剣博物館)に巡回する。

会場は連日、刀剣ファンの静かな熱気に包まれている。女性の愛好家の姿も目立ち、時間をかけてじっくり鑑賞する来館者が多い。展示は序章「埋忠の登場まで―古刀から慶長新刀へ」(大阪展のみ)、1章「刀工・鐔工としての埋忠一門」、2章「埋忠一門の実像」の3部構成。主な展示作品を紹介する。

【重要文化財】短刀 名 山城国西陣住人埋忠明寿 慶長十三年三月日/所持埋忠彦八郎重代 慶長13年(1608) 個人蔵

40年ぶりに一般公開された注目作。明るい地鉄の表裏に大きな玉追い龍の刀身彫刻が施してある。桃山の時代精神を反映したかのように、大胆で明快な作風に思わず目を見張る。

【重要美術品】蔦文鐔 銘 埋忠 明寿 桃山~江戸時代初期(17世紀) 個人蔵

真鍮地に赤銅(または黒味銅)、銀、素銅で象嵌した鐔。独創的でおおらかな表現は芸術性が高い。

【国宝】刀 金象嵌銘 天正十三十二月 日江本阿弥磨上之(花押)/所持稲葉勘右衛門尉(名物稲葉江) 鎌倉時代末期~南北朝時代(14世紀) 岩国美術館蔵 (撮像:中村慧)

江義弘(ごうよしひろ)は越中国の名工として知られ、本作はその筆頭格の名品。天正13年(1585)では豊臣秀吉の家臣だった稲葉重道が所持し、本阿弥光徳がこれを江と鑑定している。埋忠一門の作業記録とされる「埋忠銘鑑(刀譜)」にも記録が残されており、金象嵌の細工は埋忠によって施されたと考えられる。

名称:特別展「埋忠<UMETADA> 桃山刀剣界の雄」

会場:大阪歴史博物館(大阪市中央区)

会期:2020年10月31日(土)~12月14日(月)(火曜休館)

開館時間:9時30分から~17時(会期中の金曜日は20時まで、     入館は閉館の30分前まで)

観覧料:大人1900円、高校生・大学生1200円、中学生以下無料(日時指定制)

<東京展>

巡回会場:刀剣博物館(東京都墨田区)

会期:2021年1月9日(土)~2月21日(日)

詳しくは公式サイトへ。

(読売新聞事業局美術展ナビ編集班 岡部匡志)

直前の記事

奈良だけではない大阪の天平を感じて 大阪市立美術館 特別展『天平礼賛 ~高遠なる理想の美~』

特別展 「天平礼賛 ~高遠なる理想の美~」 2020年10月27日(火)~12月13日(日) 大阪市立美術館 近くに聖徳太子が建立した「四天王寺」や、飛鳥・奈良時代の都、「難波宮」(難波宮跡公園)がある大阪市立美術館(大

続きを読む
新着情報一覧へ戻る