日本漫画のルーツは? 「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」開幕(東京・すみだ北斎美術館)

漫画以前の「漫画的な」表現の変遷をたどる「GIGA・MANGA 江戸戯画から近代漫画へ」が、すみだ北斎美術館で開幕した。
いまや世界共通言語となった日本の漫画=MANGA。その起源は様々な説がある。本展は、江戸時代の諷刺表現である戯画を、現代の漫画的な表現の出発点に設定。江戸時代の北斎や国芳、暁斎などの浮世絵版画と、明治以降に台頭した漫画雑誌や漫画本などの近代漫画に着目した。
漫画の原点とも言えるコマ表現やキャラクター性が魅力の『北斎漫画』、新聞や雑誌の誕生と共に発展した挿絵作品など約270点を展示し、漫画のルーツを探る。
会期中展示替えあり。2021年1月24日まで。

直前の記事

「眠り」テーマに120点 「眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで」開幕(東京国立近代美術館)

国立美術館の所蔵作品の中から「眠り」に焦点をあてた「眠り展:アートと生きること ゴヤ、ルーベンスから塩田千春まで」が東京国立近代美術館で開幕した。 国立美術館合同展の第3弾。「眠り」をテーマに生み出されたアート作品を、東

続きを読む
新着情報一覧へ戻る