等身大のアニマル大集合 「三沢厚彦 ANIMALS IN ABENO HARUKAS」開幕(大阪・あべのハルカス美術館)

等身大の動物たちを楽しめる「三沢厚彦 ANIMALS IN ABENO HARUKAS」が、あべのハルカス美術館で開幕した。
三沢厚彦(1961年京都生まれ)は、日本を代表する現代木彫家の一人。2000年から制作を開始した「ANIMALS(アニマルズ)」シリーズで知られる。様々な動物を等身大で表現した作品は子供から大人まで幅広い人気がある。楠を彫って作られた作品には、木彫りならではのぬくもりと、独特のユニークかつ味わい深い表情が重なり、豊かな存在感を放つ。
本展では、三沢の生み出すアニマルたちが生き生きと展示されている。これらの作品を、窓から見える外の景色とあわせて鑑賞できるため、フォトスポットとしても最適だ。
2021年1月17日まで。

直前の記事

新たな光秀像とは? 「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」開幕(東京・永青文庫)

財団設立70周年記念「新・明智光秀論 ―細川と明智 信長を支えた武将たち―」が永青文庫で開幕した。 豊富な史料を通して、明智光秀の実像に迫る展覧会。光秀は、足利義昭に仕えたのち、織田信長に重用された。主君を同じくする細川

続きを読む
新着情報一覧へ戻る