NEW

日仏の美の往還 「Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年」開幕(神奈川・ポーラ美術館)

日本とフランスの芸術の交流に焦点を当てた「Connections―海を越える憧れ、日本とフランスの150年」が、ポーラ美術館で開幕した。
19世紀後半から20世紀初めにかけて、両国は新しい美の基準や感性を模索する上で、互いに必要不可欠な存在だった。日本の浮世絵や工芸品は欧米の芸術に大きな刺激を与え、モネやゴッホら近代を代表する芸術家たちの重要なインスピレーション源となった。こうしたジャポニスムの流行と同じ頃、日本からは黒田清輝らがフランスに留学して近代日本美術の礎を築いた。
本展は、同館のコレクションを軸に、双方の芸術が織りなした「美の往還」を検証する。また、国際的に活躍している現代作家の作品を通して、異文化理解の本質や魅力にも迫る。2021年4月4日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る