NEW

浮世絵から日本を見つめ直す 「ニッポンの浮世絵」開幕(東京・太田記念美術館)

ニッポンの浮世絵 ―浮世絵に描かれた「日本のイメージ」」が太田記念美術館で開幕した。
浮世絵には様々な「日本」が描かれている。富士山や桜といった観光には欠かせない美しい自然のほか、蕎麦や天ぷら、寿司などの美味しいグルメ、花魁や芸者、力士らの人物等々。本展は、こうした「日本的な」題材が描かれた浮世絵約70点を集め、日本のイメージをひも解く。
新型コロナウイルスの影響で海外渡航が難しくなり、身の回りの生活を見つめ直す機会が増えている。日本の美意識が詰まった浮世絵を通して、日本ならではの感性を再発見できるだろう。
12月13日まで。

直前の記事

NEW

キーワードは都市文化 「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」展 アーティゾン美術館で開催中

俵屋宗達、尾形光琳、マネ、モネ、ドガ、ルノワールといった東西の都市文化が生んだ天才画家たちの作品を通して、洗練された美意識の到達点を比較しようという展覧会「琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術」が、アーティゾン美術館(

続きを読む
新着情報一覧へ戻る