ジョンとヨーコ 愛と平和を求めた魂の軌跡 六本木で「DOUBLE FANTASY」展

DOUBLE FANTASY JohnYoko」展

ソニーミュージック六本木ミュージアム(東京都港区)

2020年10月9日(金)~2021年1月11日(月・祝)

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの歩みを辿る「DOUBLE FANTASY JohnYoko(ダブル・ファンタジー ジョン&ヨーコ)」展が、ジョンの生誕80年になる10月9日(金)、東京・六本木のソニーミュージック六本木ミュージアムで開幕した。

会場のソニーミュージック六本木ミュージアム

同展は2018年5月から翌19年11月まで、ジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催。高い評価を得て、当初の予定から期間を7か月も延長し、70万人を動員した。ジョンの生誕80周年、そしてニューヨークで凶弾に倒れてから40年という節目に、ヨーコの故郷である東京で凱旋開催されることになった。

【ジョン・レノン】1940年10月9日、イギリス・リバプール生まれ。1960年代、ザ・ビートルズのメンバーとして世界を席巻、ポール・マッカートニーとともにヒット曲の多くを作る。66年にヨーコと出会い、69年3月に結婚。ビートルズ解散後も「イマジン」などの名曲を生み出した。75年、息子のショーンの誕生を機に子育てに専念、一時、音楽活動を離れた。80年5月、ジョン&ヨーコ名義で「Double Fantasy」をリリース。音楽シーンに復帰した直後の同年12月8日、ニューヨークの自宅前で凶弾に倒れた。享年40歳。

【オノ・ヨーコ】1933年2月18日、東京生まれ。50年代後半からニューヨークで芸術活動を開始した。前衛芸術家、音楽家として今も発信を続けている。新型コロナの影響で長期休館したニューヨークのメトロポリタン美術館が今年8月末に再開した際には、ヨーコの新作《DREAM  TOGETHER》を建物の正面に掲げ、話題を集めた。ジョンとは、ロンドンのギャラリーで開催した個展で知り合ったのは有名なエピソード。結婚後は軽井沢などで家族そろって過ごすこともあった。

展示は2人の生い立ちから出会い、結婚、社会運動、創作活動、家庭生活などを当時の社会状況を絡めながら幅広く紹介。ヨーコのプライベートコレクションから100点以上が展示されている。

2人が最初に出会ったロンドンのギャラリーで当時、展示されていたヨーコの作品を再現している。

1969年、ジブラルタルで挙げた結婚式の際、ヨーコが身に付けていたスカートとジョンのジャケット

1969年にアムステルダムとモントリオールで2人が展開し、世界的な注目を集めた平和運動「ベッド・イン」の再現。反戦運動などに積極的に取り組んだ2人の動向に米当局は神経をとがらせ、ジョンは捜査官に尾行されることもあったといい、展示では当時の緊迫した状況にも触れている。

ジョンは「ベッド・イン」の際にギブソンのギターを持ち込み、2人の「自画像」を描いた。

息子ショーンの子育てに専念したジョンが1980年、バミューダ諸島へ船旅した際、現地の画家に描いてもらったポートレート。穏やかな表情が印象的だ。ジョンが使っていた抱っこひも、も展示されている。

1979年、軽井沢に滞在した際の和やかな家族写真や、当時の服装なども展示されている。76年にジョンがグリーンカード(外国人の永住権)を獲得したことで、アメリカ国外への旅行ができるようになり、77~79年の間、毎年日本を訪れ、家族旅行を楽しんでいたことが知られている。

AMAI(甘い)ⒸYoko Ono Lennon

ローマ字とイラストで、日本語の単語や表現を綴ったジョンのスケッチブックの原画も展示されている。「KAZOKU(家族)」「SABI(寂び)」「AMAI、SUPPAI、SHOPPAI、KARAI、NIGAI(甘い、酸っぱい、しょっぱい、辛い、にがい)」など、熱心に日本語を学んだ様子がうかがえる。

ジョンの死去から5年後の85年10月9日、ニューヨークのセントラル・パークに、ジョンを偲ぶ記念エリア「ストロベリー・フィールズ」が「平和の庭」(Garden of Peace)として誕生した。「ストロベリー・フィールズ」は1967年にリリースされたビートルズの名曲。展覧会の締めくくりとして、このエリアの中心にある「Imagine」(イマジン)の円形モザイクが再現されており、ジョンへの思いを馳せることができる。

ジョンが亡くなった後も、アメリカでは多くの市民が銃で命を落としている現状を訴えるヨーコの意見広告。最近のBLM運動なども頭をよぎる。

社会の分断が世界的な問題になる中、2人が発したメッセージが今もなお重い意味を持つ、ということを実感する展示の数々。じっくり向き合いたい。

詳しくは公式サイトへ。

(読売新聞東京本社事業局専門委員 岡部匡志)

直前の記事

若冲の作品7件を展示 「没後220年 画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―」開幕(岡田美術館)

江戸時代の多彩な絵画を紹介する「没後220年 画遊人・若冲 ―光琳・応挙・蕭白とともに―」が、岡田美術館で開幕した。 江戸時代半ばの京都で活躍した絵師・伊藤若冲(1716~1800)は、裕福な商家の長男として生まれながら

続きを読む
新着情報一覧へ戻る