鴨居玲の創作の軌跡を辿る   久留米市美術館(福岡)で回顧展

《1982年 私》 1982年 石川県立美術館蔵

「没後35年 鴨居玲展 静止した刻」

久留米市美術館(福岡県久留米市)

2020年9月12日(土)―12月6日(日)

静かな環境に恵まれ、じっくりアートに向き合える久留米市美術館

没後も高い人気を誇る洋画家、鴨居玲(1928~85)の初期作から絶筆まで、年代順に3部構成で約100点を紹介する。人間の弱さや醜さに目を背けず、確かなデッサン力で人間の内面を描き続きた鴨居。彼の歩みを目の当たりにできる作品がそろった。

第1章 模索 ~煩悶する若き画家~

《夜(自画像)》 1947年 笠間日動美術館

金沢美術工芸専門学校在学中から二紀展に入選するなど、早くから才能を認められるも、画風が確立できなかった青年時代。単身で渡ったブラジルで具象画に可能性を見い出す。《静止した刻》で安井賞を受賞し、一気に脚光を浴びた。

《静止した刻》 1968年 東京国立近代美術館

第2章 画風の確立へ ~充実の日々~

1971年、スペインに渡り、「私の村」とよんだバルデペーニャスでいくつもの傑作が生みだされる。74年にはパリでの個展も成功をおさめ、拠点をスペインからフランスに移す。

《私の話を聞いてくれ》1973年 長崎県美術館

第3章 終焉への道 ~ふたたびの煩悶~

1977年、6年間の海外生活に区切りを付けて帰国した鴨居は、神戸にアトリエを構える。裸婦への挑戦など、新たな画題を求めて苦心が続く。集大成ともいえる《1982年 私》を完成させた3年後、突如として自らの人生に幕を引いた。

《酔って候》1984年 石川県立美術館

キャリア後半の大作「1982年 私」にじっくりと向き合う来館者。美醜を超えた強烈な表現力で、今もファンの心をつかんで離さない。

 

入館料:一般1000円、シニア700円、大学生500円

休館日:月曜日(11月23日は開館)

詳しくは同館ホームページへ。

 

直前の記事

動物の絵に癒しの時を 特別展「竹内栖鳳《班猫》とアニマルパラダイス」 山種美術館(渋谷区)で開催中 

愛嬌いっぱいの仕草や優美なたたずまい。心を慰めてくれる動物たちの絵。 近代京都画壇をけん引した日本画家の竹内栖鳳(1864-1942)は、数多くの動物画を描き卓越した描写力で高く評価されている。今回は「班猫」をはじめ栖鳳

続きを読む
新着情報一覧へ戻る