東京藝術大学のオールスター 一挙登場 「藝大コレクション展」

第1会場と第2会場の間のロビーには1949年の学園祭「芸祭」の資料なども展示されている

東京藝術大学には、1889年(明治22年)に前身の東京美術学校が開校して以来、重要な美術作品や資料が収集され、引き継がれている。この「藝大コレクション」から約150点を選び、第1部「『日本美術』を創る」、第2部「自画像をめぐる冒険」の2部構成で、収集の軌跡と大学の歩みを紹介する「藝大コレクション展 2020 ー藝大年代記ー」が同大大学美術館で開かれている。今年初夏に開催予定だったが、コロナウイルス感染症対策のために延期されていた。1025日まで。

1部では開校時に収蔵された天平時代の《絵因果経》(国宝)や桃山時代の伝狩野永徳《松鷹図屛風》、その後、営々と収集された近代洋画、日本画作品などが一堂に公開されている。

左から原田直次郎「靴屋の親爺」、高橋由一「鮭」(いずれも重要文化財)、黒田清輝「婦人像(厨房)」。東京美術学校に西洋画科が新設された時期に収蔵された

 

狩野芳崖《悲母観音》(右端)と上村松園《序の舞》(右から2番目:いずれも重要文化財)という藝大コレクション有数の人気作品がそろい踏み。近代日本画の生成を物語る「歴史の証人」でもある

 

2部では、歴代藝大生の自画像群を特集。卒業生の自画像制作は、西洋画科の卒業課題としてはじまり、現在まで脈々と受け継がれた伝統で、巨匠たちの若き日の姿、技量を伝える点でも興味深い。

卒業生の自画像、総計約100点がずらりと並んでいる

 近現代美術史・大学史研究センターの史料も

同大の教育資料編纂室を発展させて今年度に開設された「近現代美術史・大学史研究センター」(古田亮センター長)からも、明治時代の学生の「在学證書」や岡倉天心追悼会(1913年)の芳名帖などが出品されている。同センターは現在、資料のデジタル化などを進めており、順次公開予定。研究者が閲覧できるのは来年度の見込み。

藝大コレクション展 2020 ー藝大年代記ー

2020926日(土)~1025日(日) 東京藝術大学大学美術館(上野)

 

直前の記事

特別展「現代美術の最前線 ―タグチ・アートコレクションより―」 下関市立美術館

特別展「現代美術の最前線 ―タグチ・アートコレクションより」 下関市立美術館(山口県下関市) 2020年8月29日(土)~10月11日(日) 世界の新たな美術の潮流を紹介する展覧会。日本を代表する美術コレクターの田口弘さ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る