ピーター・ドイグさんと小野正嗣さんの対談動画を公開 

3月1日に行われたドイグ氏と小野氏の対談(公開された動画から)

東京国立近代美術館で開催中の「ピーター・ドイグ展」(10月11日まで)で、ドイグ氏と、芥川賞作家でNHK「日曜美術館」のキャスターでもおなじみの小野正嗣氏の対談動画が公開された。開会時に来日したドイグ氏を会場に迎え、3月1日に無観客で行ったトークイベントで、作品制作の舞台裏が聞ける貴重なもの。時間と主な話題の内容は以下のとおり。ピーター・ドイグ展については公式サイトへ。

【時間】 【話題】

1:58           《スキー・ジャケット》(1994年)について

8:07            80~90年代の作品におけるリフレクションについて

11:08  《街のはずれで》(1986-88年)のメタファーとは

12:31  《ブロッター》(1993年)について

14:43  ロンドンにいながらカナダの風景を描くことについて

19:20  作品とは個人的なものである。そして同時代との違い

23:15  昨比を描く時間とプロセス。トライ&エラーであること

34:23  《ラペイルーズの壁》(2004年)について

44:39  適切な題材について。作品が生む問いかけとは。

48:56  デレク・ウォルコットとの交流について

54:43  スタジオフィルムクラブと『東京物語』について

1:01:41  トリニダードに移住したことでの変化とは

1:04.33 《赤いボート(想像の少年たち)》(2004年)を描くきっかけとなった少年たちとの出会いについて

1:11:23  《ピンポン》(2006-08年)に描かれる壁の元ネタとは

 

直前の記事

生活の中の美を愉しむ 「リニューアル・オープン記念展Ⅱ 日本美術の裏の裏」開幕(東京・サントリー美術館)

「リニューアル・オープン記念展Ⅱ 日本美術の裏の裏」が、サントリー美術館で開幕した。 日本人にとって「美」は、生活を彩るもの。室内装飾をはじめ、身のまわりのあらゆる調度品を美意識の表現の場としてきた。今は、障子や畳、床の

続きを読む
新着情報一覧へ戻る