新進気鋭アーティストの個展 「小松美羽 展 ― 自然への祈り ―」開幕(広島・ウッドワン美術館)

国内外で人気を集める新進気鋭のアーティスト・小松美羽の個展「小松美羽展 ― 自然への祈り ―」が、ウッドワン美術館で開幕した。
版画作品から出発し、近年は狛犬などの神獣をモチーフとしたダイナミックな作品で知られる小松美羽。本展は、初期の銅版画から、人気の神獣モチーフの作品まで、その代表作を一堂に展示する。
本展のテーマ「祈り」には、いにしえから連なる自然界や生き物たちの生命に思いをはせ、神獣の姿形を描くという行為によって、見えない世界と現世を繋ぐ媒介者であろうとする作家自身の願いが込められているという。
小松が手がけた最新作、「24時間テレビ43」のチャリTシャツのデザイン原画もある。11月8日まで。

直前の記事

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展  11月14日、東京都現代美術館で開幕

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展 東京都現代美術館(東京都江東区) 2020年11月14(土)~2021年2月14日(日) アート・ディレクター、デザイナ―として国際的に活躍した石岡瑛子(1938‐201

続きを読む
新着情報一覧へ戻る