エンターテインメントで体感する東京 「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」開幕(東京・国立新美術館)

日本が世界に誇るカルチャーに焦点を当てた「MANGA都市TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」が、国立新美術館で開幕した。
2018年にパリで開催した「MANGA⇔TOKYO」展を、装いも新たに凱旋展示として実現した本展。会場では、1/1000の縮尺で再現された、巨大な東京の都市模型が出迎える=写真。日本のマンガ・アニメ・ゲーム・特撮作品において、様々な物語の場面やキャラクターの記憶が重ねられて醸成される“東京”の姿を、作品とともに取り上げる。
また、現在の東京の前身である江戸や昭和期の様子も、「はいからさんが通る」や「ルパン三世」などの名作マンガで紹介。そのほか、「機動戦士ガンダム」シリーズ、「君の名は。」などのアニメ作品、「ゴジラ」といった特撮作品など、世界的にも評価の高い作品を通して、東京の魅力を再発見する。事前予約制。11月3日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る