日本初公開のショパン自筆譜 「日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン―200年の肖像」開幕(静岡市美術館)

ポーランド出身の作曲家ショパンを多角的に紹介する「日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ショパン―200年の肖像」が、静岡市美術館で開幕した。
優美で繊細な曲調のピアノ曲を多く作曲したことから「ピアノの詩人」と呼ばれ、メロディが世界中で愛されているフリデリク・ショパン(1810-1849)。日本・ポーランド国交樹立100周年(1919-2019)を記念して開催される本展は、ワルシャワの国立フリデリク・ショパン研究所の全面協力のもと、彼の音楽だけでなく、ショパンが生きた時代の美術作品や貴重な資料など約250点で、その人となりを紹介する。中でも、ショパンの自筆譜や手紙はポーランド国外では見る機会の少ない貴重なもので、日本初公開も含まれる。
パリで出会ったロマン主義の画家アリ・シェフェールによる《フリデリク・ショパンの肖像》(=写真左、日本初公開)などが展示されている。9月22日まで。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る