NEW

風景画の名品が集う 「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」開幕(北九州市立美術館本館)

モネやルノワール、コローらフランスを代表する画家の傑作が集う「ランス美術館コレクション 風景画のはじまり コローから印象派へ」が、北九州市立美術館本館で開幕した。
本展は、風景画が画壇の主要ジャンルとなった19世紀フランス絵画の世界を、バルビゾン派や印象派の優品によって紹介する。19世紀フランス絵画において、それまで歴史や神話を描く際の背景にすぎなかった風景が“主役”として躍り出た。フランス・ランス美術館が誇るコレクションの中から、そうした名作が来日している。
コローは主にアトリエで制作していたが、現場でとらえた自然の風景を、自身の感動とともに瑞々しく描いた。その後、ピサロら印象派の画家たちは、鮮やかな色彩と軽やかな筆致で光を表現し、風景画はさらなる発展を遂げた。風景画の歴史を珠玉の油彩の数々でたどる。9月6日まで。

直前の記事

NEW

埼玉・所沢に「角川武蔵野ミュージアム」が8月1日、プレオープン 竣工記念で設計の「隈研吾」展を開催

埼玉県所沢市に8月1日(土)、「角川武蔵野ミュージアム」がプレオープンする。出版大手の「KADOKAWA」などが、所沢市と共同で進めている文化複合施設「ところざわサクラタウン」のランドマークになる施設で、今年11月のサク

続きを読む
新着情報一覧へ戻る