古美術と現代作家による“生活の中の美” 「リニューアル・オープン記念展 Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」開幕(東京・サントリー美術館)

開館60周年を来年に控え、照明・映像設備やエントランスなどをリニューアルしたサントリー美術館で、「リニューアル・オープン記念展Ⅰ ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」が開幕した。

同館は「生活の中の美(Art in Life)」を基本理念に、展示・収集活動を行ってきた。絵や彫刻だけでなく日常使う道具や調度に美を認め、生活の中で味わう。本展では改めてこの基本理念に立ち返り、酒宴で用いられた調度、ハレの場を演出してきた着物や装飾品、豪華な化粧道具、異国の意匠を施した品々など、生活を彩ってきた華やかな優品を厳選して紹介する。さらに新たな試みとして、古美術に造詣の深い現代作家の山口晃、彦十蒔絵・若宮隆志、山本太郎、野口哲哉の協力を得て、現代アートとコレクション作品とクロスさせた特別展示を行う。9月13日まで。
会期中展示替えあり

直前の記事

<自ら学び、互いをいつくしみ、毒と共存する> リポート「ヨコハマトリエンナーレ2020」

「ヨコハマトリエンナーレ2020 AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」 2020年7月17日(金)―10月11日(日) 横浜美術館、プロット48(横浜市西区みなとみらい) 日本を代表する国際港湾都市を舞台に2001

続きを読む
新着情報一覧へ戻る