愛らしい動物画が満載 「江戸の動物絵大集合!猿描き狙仙三兄弟~鶏の若冲、カエルの奉時も」開幕(熊本県立美術館)

森狙仙(そせん)の三兄弟と、京都・大坂の動物画を得意とした画家を紹介する「江戸の動物絵大集合!猿描き狙仙三兄弟~鶏の若冲、カエルの奉時も」が、熊本県立美術館で開幕した。
森狙仙(1747?~1821)は江戸時代に大坂で活動した名高い絵師。精緻な動物画を得意とし、中でも多くの猿図を残した。その「もふもふ」な猿の姿は、リアルで、時に人間の行動を投影したかのようにあらわされ、今も昔も人々の目を楽しませてくれる。
狙仙には二人の兄、陽信(ようしん、1736?~1808?)と周峰(しゅうほう、1738~1823)がいた。彼らは狩野派絵画を学び、猿の絵に特化した狙仙をカバーするかのように、様々な形態・画題の作品を描いた。当時は著名だったが、現在はあまり知られていない。
三兄弟を取り上げた展覧会はこれまで開催されたことがなく、今回が初となる。同じ時代に活躍した動物画家では、鶏の伊藤若冲や、蛙の松本奉時(ほうじ)らが知られている。本展は、そんな彼らの親しみやすい動物画など約100点を展示する。9月6日まで。
※会期中展示替えあり

直前の記事

新着情報一覧へ戻る