コレクションへのふたつのアプローチ  群馬県立近代美術館の企画展

鬼頭健吾《cartwheel galaxy》 2019年 個人蔵 [撮影:木暮伸也 写真提供:rin art association]  「絵画のミカタ」展より

catch the eyes ―目から心へ

2020年6月2日(火)~8月23日(日)

絵画のミカタ 5人のアーティストとみる群馬県立近代美術館のコレクション

2020627日(土)~8月23日(日)

群馬県立近代美術館(高崎市)

 国内外の近現代美術作品約2,000点を所蔵する群馬県立近代美術館(高崎市)が、コレクションをもとにした二つの展覧会を開催している。学芸員が「色のちから」「怖さ、不安」など4つのテーマで選んだ作品による「catch the eyes -目から心へー」展と、5人の作家が同美術館の所蔵品から選んだ作品と自作を並べる「絵画のミカタ」展だ。「catch the eyes」展は4月に開幕予定だったが新型コロナウイルス感染対策のために6月初旬スタートとなり、会期を8月まで延長。このため6月開幕の「絵画のミカタ」展は会場を2階の現代美術棟に移し、ふたつの企画展が同時に開かれることになった。

「catch the eyes –目から心へー」の入り口(1階)

  

catch the eyes 」展では、テーマごとに、国内外の作品が時代を超えて並んだ。「怖さ、不安」では、ムンク、ゴヤの作品=写真上=とともに、福沢一郎、鶴岡政男ら戦後の日本の作家の「怖そうな」作品が並んでいる=同下=。

 

 

 「絵画のミカタ」展では、40歳代前半の5人のアーティスト(展示順に牛嶋直子、門田光雅、鬼頭健吾、原游、佐藤万絵子)が思い思いに「好きな」作品を選び、自作とともに展示した。着眼点や絵画観を反映したコメントも添えられており、さまざまな時代や国の作家、作品同士の「対話」がコレクションへの新鮮な視点を生んでいる。

現代美術棟の天井は高さ約10メートル。自然光の入る開放的な空間に現代作家やフランス印象派などの作品が並んだ

 

 

 

 

 

 

直前の記事

時空を超える思考の旅へ ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」(横浜美術館ほか)

現代アートの国際展として2001年にスタートした横浜トリエンナーレ。第7回展となるヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」が7月17日、開幕した。 横浜市で3年に一度開催する本展は、国内

続きを読む
新着情報一覧へ戻る