「MANGA 都市 TOKYO」は事前予約制 7月15日から日時指定チケットの販売を開始

イラストレーション:吉成曜 ©Crypton Future Media, INC. www.piapro.net ©カラー ©武内直子・PNP・東映アニメーション ©秋本治・アトリエびーだま/集英社 ©創通・サンライズ TM & © TOHO CO., LTD. ©TOKYO TOWER

国立新美術館(東京・六本木)で8月12日(水)に開幕する「MANGA 都市 TOKYO ニッポンのマンガ・アニメ・ゲーム・特撮2020」は、混雑緩和のため事前予約制を導入する。入場に際しては、すでにチケットなどを持っている人を含め、全ての人がオンラインで「日時指定観覧券」もしくは「日時指定券(無料)」の予約が必要になる。会期は11月3日(火・祝)まで。

入場の際はチケットをプリントアウトしてくるか、またはスマートフォン等の画面でQRコードを表示し、係員に提示する。電話等の予約は受け付けていない。今後のチケット発売のスケジュールは以下の通り。

販売開始日                         観覧日

<第1期>7月15日(水)午前10時~   8月12日~ 9月7日

<第2期>8月19日(水)午前10時~   9月 5日~10月5日

<第3期>9月 9日(水)午前10時~  10月 7日~11月3日

料金は前売り券(7月15日~8月11日に購入)で一般1400円、大学生1000円、高校生600円。当日券(8月12日以降に購入)で一般1600円、大学生1200円、高校生800円。

この展覧会は、東京を舞台にしたマンガやアニメを集め、作品世界と世界有数の大都市との関係性を探る内容。一昨年、パリで開催され、高い評価を得た『MANGA⇔TOKYO』展の凱旋展示。「ゴジラ」「新世紀エヴァンゲリオン」「AKIRA」「あしたのジョー」「君の名は。」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」など90以上の人気タイトルが展示される。

詳細は展覧会ホームページのチケットページへ。

直前の記事

新着情報一覧へ戻る