「聖地をたずねて 西国三十三所の信仰と至宝」展 京都国立博物館で7月23日開幕

中央最上部から時計回りに「十一面観音立像」京都・醍醐寺、「如意輪観音坐像」兵庫・圓教寺、「馬頭観音坐像」京都・松尾寺、秘仏「如意輪観音坐像」京都・頂法寺(六角堂)、「千手観音立像」和歌山・粉河寺〔8月18日〜9月13日展示〕、「不空羂索観音坐像」京都国立博物館、「聖観音菩薩立像」滋賀・宝厳寺、重要文化財「菩薩半跏像」奈良・岡寺(龍蓋寺)※展示期間のない作品は通期展示

日本最古の巡礼路の至宝を集めた「聖地をたずねて 西国三十三所の信仰と至宝」展が、723日から京都国立博物館(京都市東山区)で開催される。

西国三十三所は長谷寺(奈良県)の開基・徳道(とくどう)上人が人々を救うため定めたと伝わる観音霊場で、巡礼路は和歌山、大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、岐阜を結び総距離は1000キロメートルにも及ぶ。

今回の特別展は西国三十三所ができて1300年になるのを記念して開かれるもの。「説かれる観音」「地獄のすがた」「聖地のはじまり」「聖地へのいざない」「祈りと信仰のかたち」「巡礼の足あと」「受け継がれる至宝」の7章に分かれ、国宝12点、重要文化財46点を含む170件余りの至宝が展示される。

「千手千眼陀羅尼(だらに)経 残巻(玄昉願経)(京都国立博物館)や「六道絵のうち閻魔王庁図」(滋賀・聖衆来迎寺)、「粉河寺縁起絵巻」(和歌山・粉河寺)といった国宝や数々の重文が含まれる。寺の外での展示は初めとなる秘仏「如意輪観音座像」(京都・頂法寺=六角堂)も。また、人々を救済するため七つの姿で現れるという七観音「千手(せんじゅ)観音」、「馬頭観音」、「十一面観音」、「聖(しょう)観音」、「如意輪観音」、「准胝(じゅんてい)観音」、「不空羂索(ふくうけんじゃく)観音」もすべて見られる。

同展は4-5月の開催が予定されていたが、新型コロナウイルス感染拡大のため開幕が延期されていた。

国宝 粉河寺縁起絵巻(部分) 和歌山・粉河 平安時代(12世紀) 7月23日~9月13日展示

「聖地をたずねて 西国三十三所の信仰と至宝」展

2020723日~913日 京都国立博物館

会期中、一部展示替えあり

新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止のため会期や展示期間を変更する場合あり

詳細は展覧会公式ホームページ

直前の記事

新着情報一覧へ戻る