「翁―大名細川家の能の世界―」 永青文庫で7月23日から

「薄黄紅縹白段桐藤杜若模様縫箔(うすきべにはなだしろだんぎりふじかきつばたもようぬいはく)」 江戸時代(18世紀) 前期展示

700年の歴史を持つ細川家に伝えられた能に関するコレクションを展示する翁―大名細川家の能の世界―」が、723日から東京都文京区の永青文庫で開かれる。 

南北朝時代に遡ると言われる旧熊本藩主・細川家。伝えられた文化財は国宝・重要文化財を含め9万点以上に上る。それらを所蔵する永青文庫が設立70周年を迎えたのを記念して開催される。 

細川家は初代・細川幽斎(ゆうさい)はじめ歴代の藩主が能の文化に心を寄せ、自ら舞台に上がった。そのため能面や能装束、楽器、小道具、古文書など永青文庫の能に関する所蔵品は900点を超える 

「1章 翁とは」、「2章 細川家の能装束」、「3章 細川家の能面」、「4章 細川家と能」と4章に分け、80点を超える資料が前後期に分けて展示される。 

 

重要美術品「翁(白色尉)」 「日光作/満昆(花押)」金泥極 室町時代(15世紀) 永青文庫蔵 前期展示

翁ー大名細川家の能の世界ー

2020年723日~830日  永青文庫 (東京・目白台)

前期723日~810日、後期812日~30日  

会期中、一部展示替えあり。 

*20201212日~2021131日は金沢能楽美術館(石川県金沢市)に巡回する。 

 

直前の記事

新着情報一覧へ戻る