「皇室の名宝」展 京都国立博物館で10月から

 霊元天皇即位図屏風(部分)狩野永納筆   江戸時代・17世紀、京都国立博物館

京都国立博物館(京都市東山区)1010日から、天皇御即位を記念した特別展「皇室の名宝」が開催される。宮内庁三の丸尚蔵館の所蔵品を中心に、皇室ゆかりの名品約100件を展示する。

三の丸尚蔵館は平成元年1989年に皇室に受け継がれて来た絵画、書、工芸品など6000点余りが国に寄贈されたことを機に、平成51993年に皇居東御苑内に開館した宮内庁の施設。古代から近現代まで各時代の文化を代表する名品が収められている。

今回展示されるのは、「書聖」と呼ばれる 王羲之(おうぎし)の「喪乱帖(そうらんじょう)(臨摸)や元寇の際のようすを描いた絵巻「蒙古襲来絵詞(もうこしゅうらいえことば)」、江戸時代の京都御所内での即位礼を描いた「霊元天皇即位図屏風」、伊藤若冲の「旭日鳳凰図(きょくじつほうおうず)」や俵屋宗達の「扇面散屏風(せんめんちらしびょうぶ)」などの名品の数々。後宮の中で中宮や有力な女御(にょうご)が暮らした飛香舎と呼ばれる殿舎を飾った襖絵や調度品も展示される。 

皇室ゆかりの名宝が京都でまとまって公開されるのは初めて。

蒙古襲来絵詞 後巻(部分) 鎌倉時代・13世紀、宮内庁三の丸尚蔵館

  ◇

御即位記念 特別展「皇室の名宝」

20201010日~1123日 京都国立博物館 

会期中展示替えあり