フォト・リポート 特別展「きもの KIMONO」 東京国立博物館

重要文化財 振袖 紅紋縮緬地束熨斗模様 江戸時代・18世紀 前期展示6月30日(火)~7月26日(日)京都・友禅史会蔵

 

特別展  きもの KIMONO

2020630()823() 東京国立博物館

前期展示:630()726()
後期展示:728()823()
※会期等は今後の諸事情により変更する場合がある

 

 中世以来の日本のモードの変遷と各時代の「きもの」の魅力を紹介する特別展「きもの KIMONOが、東京・上野公園の東京国立博物館で開幕した。鎌倉時代の染織、安土桃山時代、江戸時代の華やかな小袖、振袖や近現代のモダン着物、さらに「きもの」を描きこんだ屛風や浮世絵など、国宝、重要文化財を含む約300件が東京国立博物館に集結した。

前期は726日まで。ただし前期の間にも小規模な展示替えがある。オンラインでの日時指定券事前予約制(日時指定券)。詳細は公式サイトで。

「きもの」、表舞台へ

平安貴族の「小袖」は下着だったが、時代を経るにしたがって表着(うわぎ)となり、安土桃山時代には装いの表舞台に踊り出る。きものをまとった遊女たちはファッションモデルのような存在だったともいう。

安土桃山時代から江戸時代にかけてのモードを一望する
重要文化財 縫箔 白練緯地四季草花四替模様 安土桃山時代・16世紀 前期展示6月30日(火)~7月26日(日) 京都国立博物館蔵
国宝 婦女遊楽図屛風(松浦屛風)左隻  江戸時代・17世紀  展示期間6月30日(火)~ 7月5日(日) 奈良・大和文華館蔵

    花開く江戸時代の「きもの」

江戸時代に入ると、元禄小袖、友禅染、光琳模様などが次々に生まれた。縫箔や金紗がもてはやされたり、それらが禁止されると友禅染が発達したりするなど、技法の変化も背景にある。裾の長さ、帯の幅など形状の変化も見どころのひとつだろう。

元禄期のモード。中央は菱川師宣筆「風俗図巻」(江戸時代・17世紀)
菱川師宣筆「風俗図巻」(部分:江戸時代・17世紀)。元禄時代の華やかさを伝える

  

友禅染の名品も。右手前は「重要文化財 振袖 紅紋縮緬地束熨斗模様」 江戸時代・18世紀 前期展示6月30日(火)~7月26日(日)京都・友禅史会蔵
重要文化財 小袖 白綾地秋草模様 尾形光琳筆 江戸時代・18世紀 東京国立博物館蔵

「江戸のミニマリズム」と名付けられたセクション
大奥でも華麗な衣装が登場した。奥のケースの中央は「小袖 萌黄紋縮緬地雪持竹雀模様 天璋院篤姫所用」(江戸時代・19世紀 東京 德川記念財団)

 

「小袖 萌黄紋縮緬地雪持竹雀模様 天璋院篤姫所用」(右)と「掛下帯 萌黄繻子地稲穂雀模様」(左:7月26日まで展示)(いずれも江戸時代・19世紀 東京 德川記念財団)

 

男の美学

戦国三武将(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)の「サムライの美学」や「若衆風」ファッション、火消半纏など男の装いも紹介され、展示にアクセントを与えている。

陣羽織 黒鳥毛揚羽蝶模様 織田信長所用 安土桃山時代・16世紀 東京国立博物館蔵

 

右は豊臣秀吉所用の陣羽織。左は徳川家康所用の「胴服」

 モダニズムきもの

近代の着物を紹介する「モダニズムきもの」は、天井の高さを生かした空間演出も見ごたえがある。

  

 

 YOSHIKIさんも出品 

X JAPAN」のリーダーのYOSHIKIさんのきものブランド「YOSHIKIMONO」の作品も出品されている。YOSHIKIさんは呉服屋の長男として生まれ育ち、約10年前からきもののデザインを本格的に手がけ、20202月に英ヴィクトリア&アルバート美術館で始まった着物展でも作品が展示されている。

YOSHIKIMONO 展示風景

 

音声ガイドは鈴木拡樹さん

音声ガイドのナビゲーターは、舞台を中心に映画、テレビで活躍中の俳優、鈴木拡樹さん。「普段きものにふれる機会のない方にも、今回の展覧会でその美しさにふれていただきたいなと思っています」というメッセージを寄せている。

 

直前の記事

ジョンとヨーコの軌跡を辿る「DOUBLE FANTASY」展 10月に六本木で開幕 「イマジン」の自筆歌詞など

伝説的カップル、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの軌跡を辿る展覧会「DOUBLE FANTASY John&Yoko」(ダブル・ファンタジー ジョンアンドヨーコ)が、ジョンの80回目の誕生日にあたる10月9日(金)、ソニーミ

続きを読む
新着情報一覧へ戻る